ようやく

f0202137_10553629.jpg

ちょっと気持ちが軽くなった。調子が出てきた気がする。
調子が出てきたっていうのは、バラバラだったことが繋がりはじめたってことだ。
今3分の1だから全っ然油断できないけど。
昨日たまたまサカナクション聞いてから書きはじめたらなんか進みが良かったので、今日も合間に聞いている。
書くときは無音がいい。
今日で半分越えるくらいはいきたいなぁ。休みだし、なによりも調子いいうちに。自分とのたたかいというか、切実です。調子がいいときにいけるだけいく。いつ調子が落ちるかわからない。そしたらまた停滞しちゃう。こわいことだ。調子いいうちになんとしてもできるだけ山を越しとかないと。山はたくさんあるので。
がんばります。
まだまだ終わってないけどたぶん一番の暗闇は抜けたと思う。
ほっとして。ブログ書きたくなった。
よし、また無音の世界に戻る。
とりかかります。
[PR]
# by sk_anne | 2017-03-05 10:55

ありゃりゃ

2月も終盤です。
生パクチー食べに行ったり、海に行ったり、サチモス一般発売がだめだったり、台本書けなくてうー。。ってなってたり(残念ながらこれは現在進行形。。)、憂鬱になったり、車のタイヤを換えたり、伊佐小町を飲む会へ行ったり、寒かったり、二日酔いになったり、髪が伸びたりしている。
いろいろあることあること。
生きてるなぁ。
それに尽きる。
台本終ったらブログ書きます。それまでお休みします。
って、すでにずーっと書いてなかったわけですが。
文章を書く。
というのが、好きなのに苦しかったりする。
[PR]
# by sk_anne | 2017-02-26 13:23

起きた途端に軽い頭痛がした。
雨。

心配するのが嫌だ。
けど、そうもいかない。
ひとの一生ってふしぎだ。
40年近く生きてるのに40年近い時間が経った気がしない。
風のように過ぎていって、気づいたら老いていて、気づいたら終わりがきてた、みたいな感じかな。
いいこともたくさんあるし、かなしいこともたくさんある。それら全てが、やがて過去になって、自分と共に消えていく。
そこまでくれば安らかだ。もう心配しなくていいどころか、心配とか安らかとかいう概念すら消える。

たまに、夏休みがこの前だったような気分になることがある。小学生の頃の夏休みだ。
中学生のは覚えていない。学校があまり楽しくなかった。たぶん楽しいこともあったはずなのに、記憶が抜けている。その頃弟が空手を習ってたのもすっかり忘れてたし。ひとりで昼休みを過ごしたこととか、夕方、空中の埃の筋をみていたことははっきり思い出す。
ひとりだなーと思った。
それが自分の核になってしまってる。染み付いて離れない。

小学生の夏休みに戻りたいけど、そこからまた同じだけの時間を過ごしていかなきゃいけないのなら戻りたくない。あの頃の夏休みでストップするんなら戻りたいけどそんなうまい話はない。
人生やりなおしたいとも思わない。そんな気力と体力を要することはできないしやりたくもない。いい意味でもわるい意味でも、もうたくさん。
せっかくここまで進んできたんだから。
もうすぐ折り返すのか、すでに折り返してるのか、誰にもわからないことだけど、残りをやってくだけだ。
残りをやり遂げる責務。
そのなかで楽しいことがたくさんできたらいいなと思う。
前向きに。
[PR]
# by sk_anne | 2017-02-05 13:06

ゆうべのこと

■恵方巻
北北西を向いて無言で食べた。

■サチモス
CDシリアルナンバーの先行チケット落選。

■もとどおり
髪を黒に戻した。

■荒れてる
肌が。

いろいろと、ままならないわ。
[PR]
# by sk_anne | 2017-02-04 12:35

そして2月になりました

2月になった。早い。

昨日は稽古でした。
稽古というか、遊びました。
みんなで新しい遊びを作ってみたり。
劇団いさにも生かしていけたらいいなー。

早くあったかくなりますように。
個人的には暑くなってくれてもかまわないです。
夏よ、こい!!!


[PR]
# by sk_anne | 2017-02-01 23:51

どこまで

台本書くと決めてからまた気分が沈んだりする。
台本書くときはいろいろ考えるから気分が重くなる。重いのだけど、何か出てきそうな妙な高揚感はある。
きっと高揚感がないと書けないんだろうな。ただ重いだけでは落ち込むだけでたぶん書けない。
逆にただ楽しいだけでも書けない。
自分の場合です。
メモを書いてるときは確かに楽しくて気楽だけど、それを形にしていくとき、さあ作品にするぞ、というときは緊張するし、覚悟がいる。
大げさではなく、覚悟がいる。修行が始まる感じ。書くのは好きだ。だからといって、手放しで楽しいわけではない。書き終わるまで修行は終わらない。
自分を探る行為、自分を覗く行為なのかもしれない。みたくないものまでみにいく。そうしないとただでさえまだまだなのに、ますます浅くなるようで怖い。
疲れる。
じゃあ止めればいいのに止めないのがなぜなのかわからない。しかも残念ながら覗いた効果が反映されず甘い場合が多々ある。
そういうのを補いたくて何年もずっとじたばたしている。きっとどこまで書いても終わりはない。終わりたければ書くのをやめるしかない。
以前もブログに書いたけど、台本書くのは自分の中の不安を閉じ込めたいからだ。
それがひとつの理由としてある気がしている。
昨夜眠る前、電気を消した暗いなかでひとは孤独だなと心底思った。
たとえ誰かが隣にいたとしてもその孤独に変わりはない。

[PR]
# by sk_anne | 2017-01-28 23:04

アイスワールドへ行く

f0202137_21520035.jpg

f0202137_21175483.jpg


伊佐市は寒い。
冬のお祭りがある。
アイスワールド。
文化会館の外まわりで開催されてて、行ってきました。
いつも寒いのに、今日に限って暖かい。日が暮れても8度あった。
ほんと、こんな日に限って暖かい。あー、タイミングだなぁ。。
写真は西郷さんと氷の滑り台(一部。全体はかなり長い。)
非常口劇団員西さんが司会をしてました!
ひとがたくさん写ってたんでトリミングしてますけど、こんな感じで。
f0202137_21561980.jpg
元劇団員のえりざべーとも来てて、久しぶりに話したり。
お祭り、いろんなひとがいておもしろいなぁ。
お店もいろいろ出てて。
たまねぎが丸ごと入ったオニオンスープとホットドッグ食べた!

さてさて、台本書く。

[PR]
# by sk_anne | 2017-01-28 21:17

戻る場所

f0202137_20142890.jpg

久しぶりにgrapevineをがっつり聴いた。
ほっとする。
いつもそうだ。
久しぶりにバインを聴くと、そのたびにほっとして、家に帰って来たみたいな気分になる。
昨夜聴いたのはアルバムBurning tree。名盤です。(どれ聴いても名盤ですけど!)
やっぱり好きだし、やっぱりすごいや、と改めて。
バインの音楽は優しい。時に激しくて、それでもやっぱり優しい。
寒さのせいもあるのか、曲がやたら染みて嬉しくて困った。
寒いとどうも気弱になってよくない。
鼻水が出た。

午前中、職場で商品棚を拭いていたら台本の雰囲気がみえた。
それは雑巾を洗ったときのにおいからやってきた。くさいにおいではない。生きてるにおい。マスクをはずして嗅いでみた。
ぜんぜん進んでないけど、これでたぶん書ける感じになったんじゃないかな。
たぶんこれから難産ではあるだろうけれど。
どこでひょいとやってくるかわからない。
雑巾ありがっとさん。
[PR]
# by sk_anne | 2017-01-27 20:14

ありがとうの日

f0202137_12503127.jpg

昨夜、商工会で行われた文字を書くワークショップに参加してきた。
写真が完成作品。
先生のお手本をみて書くんだけど、なかなかお手本みたいにならない。
丸くならない。
ふだんの癖が強く出てしまう。

先生によると、
書く。
のではなくて、
描く。
のだとおっしゃる。
ありがとう、の反対の言葉は当たり前、なのだそうだ。

ありがとうの方がずっといい。
この日々、この生活は当たり前ではない。
なくしたときにありがたみがわかるより、普段から感謝の気持ちを持ってたほうがずっと後悔なく生きれる気がする。そんなことを改めて思ったり。

とはいえ、描いてる時間は無心。ストレス解消にも良いらしい。
あっという間の楽しい時間でした。
ありがとう。です。
[PR]
# by sk_anne | 2017-01-26 12:50

サチモスのライヴweb先行チケット落選お知らせメールがきた。福岡のに申し込んでた。
うへー。
食事の席で友人たちと悲しみをわかちあった。ひとりでうへー。と思うより救われた。
まだ次の抽選チャンスがある。諦めずに申し込む。
ひきつづき福岡狙いで。

毎日寒い。
油断すると無気力になる。ほんとに無気力になる。
ほんとに。
ほんとによくない。
なにもしたくなくなる。
なにもしないわけにはいかないから困る。
寒い。寒くて、困っている。困り果てている。
寝ます。
[PR]
# by sk_anne | 2017-01-24 23:46

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。