ひとつには

自分はなぜ台本を書くのか考えている。
ひとつには不安をとじこめたいんじゃないかなと思う。
[PR]
# by sk_anne | 2016-12-06 23:51

「チャチャトゥールの穴」伊佐公演が終了しました!!
みなさまに心から感謝いたします。本当に、お客さまはもちろん、たくさんの方に支えていただきました。

みなさま、ありがとうございました!!!!
さようなら、ぬかめさま。

f0202137_19365746.jpg



さて、息つくまもなく、今月17日と18日の劇団いさ発表公演に向けて稽古が加速しております。
こちらですどどーん!!!

f0202137_19291005.jpg
この公演は、伊佐市教育委員会主催の「本物感動文化フェスティバル 文化パフォーマンス部門」の中のプログラムになります。
当日は中高生を中心としたさまざまなパフォーマンスが繰り広げられます。
伊佐市文化会館へぜひお運びくださいませませ☆




わたしもみんなもげんきにやってます。
いろいろ振り返るのはいろいろ終わった月末にします。
(申し訳ないです、肩と背中のこりがひどくて今ちょっと、長文書くのが・・・・)
稽古休みなので、風呂に入ってはやくねます。
あ、9時から「ワルキューレ」っていう映画を観ようと思ってたんだった。
起きてられたら観ます。
起きてられなかったら観ません。



[PR]
# by sk_anne | 2016-12-02 19:52

仕込みはじめました。

写真ないんですけど、今夜から仕込みが始まりました。
土日、伊佐市文化会館でお待ちしてます。
日曜16時半の回はまだお席に余裕があります。ぜひぜひ!
おやすみなさい。
[PR]
# by sk_anne | 2016-11-25 00:33

いつのまにか

いつのまにかこんな時期になっているではないですか。
「チャチャトゥールの穴」伊佐公演まであと6日です。

久留米公演が終わってから、果たしてお客様に満足していただけたのか?と、そのことばかり
考えた時間があった。
けれど今、そこをちょっと乗り越えた気がする。
自分と劇団を信じればいい。

怖いものはほんとはあるけど、それでも、怖くない!と強気で言い張りたい。
そんな気分だ。

この2か月、伊佐公演に向けて稽古を重ねてきた。台本は一切変えていない。
演出で、場面のあり方そのものをガラッと変えたところがある。
それは勇気のいることで、冒険せずに現状を維持したほうが良いのではないか?と考えた
りもした。久留米でひとつの形はできていて、それが基本で、基本を高めた方が良いのではない
か?みたいな。うまく言えないのだけど。
みんなで相談しながら、迷う時間をしばらく過ごした。
今までだったら、こんなに大きく演出を変えるような真似はしなかったと思う。
現状の精度を上げる方へ意識を向けて稽古したはずだ。
でも今回、守りに入るのはやめようと決めた。

久留米公演を経て、さらに濃く、さらにめまぐるしく。

わけがわからないんだけど。と思われかねない作品。
面白がってくれて、長い時間一緒に稽古して、大きな勇気をくれた劇団のみんなに感謝します。

今はとにかく、この作品をたくさんの方に観ていただきたいです。
なんといっても、15周年です。
ご都合がよければ、ぜひ。
劇場でお待ちしております。

「チャチャトゥールの穴」伊佐公演
11/26㈯ 19時開演
11/27㈰ 12時開演/16時30分開演
上演時間 約95分
詳細はこちらから→http://umesan.daa.jp/exit/new.html
f0202137_22234917.jpg





[PR]
# by sk_anne | 2016-11-20 22:32

文化の日

仕事で市の文化祭に行けず。
夜は劇団いさの稽古です。

最近、できる範囲で丁寧に暮らそうと決めた。
あくまでも、自分にできる範囲で。
無理も背伸びもせずに。
無理も背伸びもできないし、しない。
[PR]
# by sk_anne | 2016-11-03 12:47

忘れてる

祖母の通夜の日。
交代で食事をとったのだけれど、3つ下の弟が空手を習っていた話が出た。
弟が小学校高学年の頃の話だ。なので、わたしは中学生だった。
みんなが覚えていた。
わたしは覚えていなかった。
他にも自分だけ覚えてない話がいろいろあった。
記憶が抜けてるのかなんなのか。
ちょっと心配になった。
自分のことでいっぱいいっぱいだったんだよ、とその弟から言われた。
当時のわたしはピリピリしていて、机の鉛筆削りを使っただけで怒られたとか、
理不尽な話も出てきた。
ひどいな、と思った。ごめんな弟。





[PR]
# by sk_anne | 2016-10-24 23:48

葬礼

わたしもだいぶ強くなった。
前より図太くなった。
そのことにほっとしている。

さみしくて、そのさみしさはたぶん訪れた別れや喪失に対するそれではなくて、先へ向かう闇雲な感じのそれだ。
なんなんだろう、、と思う。

この数日、出来事を遠くからみている感覚だった。そこにいたのに。
壁にもたれて話をきいているような。
なにかが遠い。ぼんやりしている。
心と体が分離してる感じ。

と書いてしまうとそれも違う気がする。

何も心配することはない。
その日は誰の身にもやってくる。
わたしにも、その日はくる。
いろいろあっても、心配しなくていい。

今日まで休んで、明日から元通りの生活だ。来年の手帳を買った。
わたしは2017年も元気に生きる予定です。
元気に、ぼちぼち。
[PR]
# by sk_anne | 2016-10-23 17:18

寒くなってきた

10月も中旬。
自分が生まれた月だけど、好きじゃない10月。寒くなりはじめるから。
冬がくるなー。
わー。

「チャチャトゥールの穴」伊佐公演は来月。


[PR]
# by sk_anne | 2016-10-13 23:24

ふと。

わたしは以前、むやみに尖っていた。面白味もなくて。
気持ちに余裕がなくて、子どもじみていた。
自分と違うものを受け入れられず、否定的で暗く閉じていた。
心の中でたくさんの敵をつくっていた。
馬鹿にされたくなくて、虚勢をはっていた。

13才くらいから30すぎくらいまでずっと。

それで失ったものもある。出会いとか、つながりとか。一時は仕事も失った。
得たものもある。
得たものは主に感覚に関するものだと思う。ひとりでみる風景とか。
それはそれで尖ってたおかげかも。

ここ数年でだいぶ角がとれてきたような気はしている。
なにかを諦めたってことかもしれない。
それはきっと、そんなに悪いことじゃない。
虚勢をはるのも面倒になった。
気持ちが落ち着いてれば、
馬鹿にするなら馬鹿にしろ。
と思えるようになった。
完全ではなくて、ほんとに少しずつだけど。やっぱりそう思えないときもあるし。。

前よりも自己嫌悪が減って楽になったのは確かだ。
このままもっと楽になれるのなら、年をとるのもいいなと思う。
面白味がないのは相変わらずだし、たぶんゆるく尖ってはいる。
前よりはマシになったんじゃないかなということで。

そんなことを、ふと。
[PR]
# by sk_anne | 2016-10-09 21:02

ひそやかに

きのう、またひとつとしをとった。
いつまでここにいるのかな、って思う。ここというのは、たとえばこの場所ということではなく、この世界、この時間?のことです。

ぜんぜん悲観的じゃなくて、ごく単純にそう思う。考えてみれば不思議なことだ。
わたしがわたしだということ。なんで?って思う。死ぬまでわからない。きっと死んでもわからない。
不思議。
最近は時空の歪みの話題とか、気になる。ブラックホールとか。こないだ、どっかの科学館みたいなところで職員の方が来館者へそういう話をするのがテレビに出てて、聞いてみたいなと思った。
未知の、宇宙の話ですね。難しくてとても理解しきれない話。
でも、興味のある話。
[PR]
# by sk_anne | 2016-10-06 12:40