しまだのあたま

annediana5.exblog.jp

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。

カテゴリ:戯曲( 18 )

実験開始

新しい戯曲を書き始めた。
上演するかどうかはわからない。書きたいから書く。
途中苦しむとは思うけど、それでもやはり楽しい。

タイトルは暗い。内容はそんなに暗くなくて、それはいいと思う。これまでと少し印象が違うという意味で。
登場人物に感情移入しすぎることなく、観察してみる。客観的視点からおかしみを含めて描く。この意識を徹底したい。できるかどうかわからないけど、自分なりにやってみる。手探りだ。どんな印象のができるかな。わからない。
あと、失速して温度が下がらないように気をつける。これは、いつも気をつけなきゃと思っているのにうまくいかない。難しい。
課題がたくさんある。
とにかく書いてみる。
[PR]
by sk_anne | 2015-04-25 23:59 | 戯曲

思うこと

先週札幌へ行って、土曜日に帰ってきました。

北海道戯曲賞受賞作品リーディング公演、終わりました。
ご来場のお客様、そして、役者・スタッフの皆様、ありがとうございました。
心から感謝いたします。

11日に札幌に入り、稽古を見せていただくこともできた。稽古場に到着したら、藤原達郎さんの「悪い天気」の稽古がちょうど始まろうとしていたところで、それが17時頃だったかな。
稽古で前田司郎さんの演出とそれに対する役者のみなさんの反応を見ることができた。面白かった。21時頃までずっと見せてもらったんだけど、大変面白かったです。そもそも「悪い天気」の会話自体が、とても可笑しい。自分には書けないせりふだ。
稽古で返してた部分はちょっとだけ覚えたような気がする。わたしは役者ではないけれど、言いたくなるせりふ群だ。藤原さんすごいなぁ・・・・と思った。

稽古・ゲネプロ・本番、と見せていただき、がっつり見た!という満足感でいっぱいです。
「乗組員」を好きと言ってくださる役者さんや関係者の方もいらっしゃって、それが本当に嬉しかった。
作品は自分のこどものようなもので、だから作品を好きだと言ってもらえるのはそれだけで幸せなのです。
ただ、それが自分の良くない点でもあるのかな、と思った。作品と自分の間に、ちょっと距離をとるべきなのかな、と。
確かに距離が近すぎるのかもしれない。
想いが強く出過ぎているというようなことを前田さんが指摘してくださった。あと、嫌な部分が出てこない、というようなことも言われて、それは前々から言われていたことでもあったので、ああやっぱり・・・だよなぁ、、と。
次の作品はそのあたりのバランスみたいなものを意識して書いてみようと思う。それでどんな作品になるのかは分からないし、まだ見えてこない。果たして書けるのかもわからない。
とにかく書かないことにはなにもわからないし、はじまらない。

何が書けるか楽しみでもある。見えないのは不安だけど、ちょっとわくわくする。書くこと自体はひとりでこつこつやれることなので、やめない限りずっと続けていける。
やめない限り、ほぼ永遠に自分との戦いだ。

できれば書いたものを上演したいし、たくさんの方に読んでもらいたいし、観てもらいたいです。強くそう思う。

でも、それができなければ、書くだけでいい。
最終的にはそうなのだ。誰にも観られなくても、読まれなくても、自分はどんな話か知っているし、作品がこの世にあることも知っている。
わたしは自分との戦いを続けるし、それは自分で辞めない限り、続けていけることなのだ。
よし、頑張ろう。

なんか、いろいろ考えた。
充実した札幌滞在でした。
幸せ者です。
感謝。
[PR]
by sk_anne | 2015-02-18 20:15 | 戯曲

台本を書く時

台本を書く時。
音楽を聴いて台本に向かう、ということがある。
なんかこんな雰囲気かなぁ、みたいな曲をみつけたら、それを結構聴いたりする。自分の中に「今回目指す空気感」として据える感じ。
実際に台本を書くときは基本無音状態だ。自宅で、無音の中で書く。わたしは集中力も落ち着きもないので、そんな風にしないと気が散って進まない。
なので、聴くのはもっぱら書く前後のひとときか、通退勤時の車内。
[PR]
by sk_anne | 2014-09-29 20:03 | 戯曲

この日

今年の九州戯曲賞、幸田真洋さん「となりの田中さん」と、木下智之さん「喜劇ドラキュラ」の二作品が大賞だそうです!!
詳細はこちらから→九州地域演劇協議会サイト
おめでとうございます!!

毎年発表があるたびに、自分もがんばらなきゃ、と改めて思う。
感謝と緊張と、気合が入る日です。
[PR]
by sk_anne | 2014-07-21 23:59 | 戯曲

書きおわる日曜日

今日締め切りの短い戯曲(短い会話)数本、メール送信まで完了!
ひとつひとつ、終わってゆく。
ひとつひとつ、大事にしたい。
ありがたいことです。

さて、「乗組員」の追加修正、早めにやらなければならない。
[PR]
by sk_anne | 2014-07-20 23:59 | 戯曲

海を越える

f0202137_2146448.jpg


今、釜山で公演中のHANAROprojectM.M.S.T WEBサイト
来週末は福岡公演!
[PR]
by sk_anne | 2014-07-05 21:48 | 戯曲

興味の行方

さて。非常口の次回公演用だけれど。
今自分が興味のあること、を探っている。と、あまり予定している雰囲気にはならない、たぶん・・・
いや、わからないけども。
うーむ。とりあえず、たまごかけご飯を食べる。
そして今日はもう早く寝るかもしれない。
[PR]
by sk_anne | 2014-02-15 18:56 | 戯曲

書こうぜ!

夏にFPAPさんの初心者向け戯曲ワークショップの講師をさせていただくことになった。詳細はこちら→「書こうぜ、せりふっ!」

戯曲。書けば書くほど楽しくなるし、わからなくなるし、悩むし、でもやっぱり好き、という感じだ。
登場人物がいて、彼らの言葉がせりふになり、動きはト書きになっていく。興味はあるけど全く書いたことがないという方、大丈夫です。せりふは必ず出てきます!
最初の一歩を踏み出すお手伝いができればと思う。

なのでわたしも戯曲書き、もっともっとがんばる。
[PR]
by sk_anne | 2013-06-21 23:59 | 戯曲

陰気すぎる

鹿児島演劇見本市用の短編を書いている。
見本市は、前後の準備も入れて30分以内という時間制限があるので、25分弱のやつだ。
タイトルは「くりゅうはるきくん(仮)」改め、「スワン」。くりゅうはるき、が出てくる。
なぜこうなるのだろう・・・という方向へ転がりはじめたので、書くのをやめた。このままではだいぶ陰気な話
になってしまう。自分の中に一体なにが渦巻いているのか。
陰気すぎる。
軌道修正する。
陰気すぎる、から、陰気だ、くらいには薄まると思う。
[PR]
by sk_anne | 2013-06-09 17:30 | 戯曲
しばらく書きます。
まず、「恋し都、響いて遙か」の直しを早急に。明日が勝負だ。
直しが終わり次第、夏の見本市用台本「くりゅうはるきくん(仮)」を。これも早急になんとか書き上げたい。
と、ここに書くことで、自分を追い込む。
大丈夫だ。できる。
全部終わってから髪を切る。
[PR]
by sk_anne | 2013-05-11 22:58 | 戯曲

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。


by sk_anne