しまだのあたま

annediana5.exblog.jp

<   2009年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

脱稿

ちょっと書き足して、一応終わりました。
とりあえず。
昨夜一晩ねかせたものの、結局大幅には変更せず。プロットとは違う最後になったんだけど・・・・・
何か最近の心境が影響しているのだろうか。

ひとまず寝ます。明日は最後の出勤日。
[PR]
by sk_anne | 2009-04-29 23:37 | 深海苺

脱稿?

一応書き終わった。一応92ページ。
が、最後の最後で思わぬ方向へ行ってしまった。初めての展開だ・・・・。

これはちょっとねかせてみなければ・・・・・。
ひとまずわたしも就寝。
[PR]
by sk_anne | 2009-04-29 01:18 | 深海苺

環境の変化に弱い

だんだんさみしくなってきた。
なんだかもう、
お世話になりました。ありがとうございました。
としか言いようがない。
気持ちが落ちないように用心しなければ。 落ちてる場合じゃない。
せめて冬じゃなくてよかった。


注文していた加瀬メソッドの本が届いていた。

f0202137_1823367.jpg

今週末に北九州で受ける講座のテキストだ。
予習してから受けた方が絶対いいよ~とは聞いていたが、実際に本を読んでから受講するよう指示があった。
さて、金曜までに読まなきゃ。
[PR]
by sk_anne | 2009-04-27 18:43 | 真夜中の文箱

じんましんとうまく付き合うために

先月はじんましんが2回出たわけだが、昨日母から冊子を渡された。薬局にあったので貰ってきた、という。
「じんましんとうまくつきあうために」
つきあいたくない。


昼間、NHKで放送されていた地域特集「ギンギラ太陽’s新たなる挑戦」を観る。
福岡の人気劇団ギンギラ太陽’s初のテレビドラマ制作を追ったドキュメンタリーだった。
脚本・演出は劇団主宰の大塚ムネト氏で、出演は劇団員を中心とした福岡の役者さんたち。カメラマンなどのスタッフも全員地元福岡にこだわったという。
そんな地元を愛する劇団・ギンギラ太陽’s。
ギンギラ太陽’sをご存じない方はラーメン「うまかっちゃん」のCMを思い出していただければと思う。
かぶりものの戦隊が出てきますでしょう。あれこそ、ギンギラ太陽’s。
それで、ドキュメンタリーの中でドラマ「走れ!ひかり侍」も放送された。もちろんかぶりもの有り。
5分で全5話。
主人公は、引退を宣告された0系新幹線ひかり侍。自身の存在を証明するために東京を目指して走り続ける、という物語でなんとも切ない。ちなみに時代劇。
蒸気機関車さんへ思いを語る場面など、ウルっときた。
「時代は・・・ひかりよりも早かった・・・」とかね、言うのだ。
胸にくるものがある。
[PR]
by sk_anne | 2009-04-26 19:58 | 真夜中の文箱

基礎力をつけたい

非常口の弱点の一つでもある、発声等の基礎の弱さ。
なんとかしたいという思いはずっとあった。
自分たちもだし、これから入ってくるまだ見ぬ劇団員(切実な願望ですが)にも必ず必要な基礎。
非常口にはわたしも含めてそういった教育を受けた人間がいないため、ちょっとどうしていいかわからない部分が大きいのだ。
今までは高校演劇時代のいわゆる「発声練習」とか、本に載っている方法などでしのいできた。
だが、今後を考えたときにそれでは到底弱い。もっとなんとかしないと、先は厳しい。
それで、北九州芸術劇場が主催する「劇場塾 俳優講座」へ申し込んでみた。

『俳優のための「呼吸・声・身体」講座』 (講師:加瀬玲子氏)

加瀬さんに直接指導していただくチャンスだ。
ありがたいことに申込みが受理されたので、来週末は北九州で講座を受けてくる。
丸2日間の講座だが、できるだけ吸収して劇団に持ち帰りたい。
[PR]
by sk_anne | 2009-04-25 12:05 | 非常口

さあ、勝負の始まりです

三回目のベケット稽古日。
もう、いちいち考えすぎないことにした。
で、初めて動いてみた。すると意外や意外。

相当笑えるんですよ!!

動いてみると台本を読んだときの印象とはまた違ったものになるのだ。結構驚くほど違った。
黙読していても、声に出して読んでもらっても、主に哀しい印象だったのだが、いやいやどうして。
実際にト書きどおりに動きながらやってみるとそれはそれは可笑しいのだ。
けれど、終盤へ近づくにつれて最初の印象へと集約されてゆく。
やっぱり切ないことに変わりはない。
「ベケットはすごいぞ~」とみんなで語り合う。
イメージが膨らんで、すごく楽しくなってきました。大きかった不安がしぼんでいくのがわかる。
いや、これは面白くなりますよ~。乞うご期待!!

公演日程等の詳細が決定しております。

★★★
      
劇団こふく劇場プロデュース公演 #15
こふく実験室001『勝負の終わり』  

作/サミュエル・ベケット
訳/安堂信也、高橋康也
演出/島田佳代

出演
あべゆう/上元千春/大浦愛/濱砂崇浩

助成
芸術文化振興基金

高城公演
7月11日(土)  15:00~/19:00~
7月12日(日)  15:00~
(開場は開演の30分前)

旧後藤家商家交流資料館
一般 ¥1,500 (当日 ¥1,800)
学生 ¥1,000 (当日 ¥1,200)
ペア ¥2,500 (前売りのみ)

プレイガイド ローソンチケット(Lコード82410)
前売り開始 5月25日
主催 劇団こふく劇場


鹿児島公演
7月18日(日)  19:00~
(開場は開演の30分前) 

岩戸鉱泉内 隠れ坊「岩戸」
一般 ¥1,500 (当日 ¥1,800)
学生 ¥1,000 (当日 ¥1,200)
ペア ¥2,500 (前売りのみ)

プレイガイド ローソンチケット(Lコード82411)
前売り開始 5月25日
主催 劇団こふく劇場


西米良公演
7月25日(土)  19:00~
7月26日(日)  14:00~
(開場は開演の30分前)

西米良双子キャンプ村民家
一般 ¥1,500 (当日 ¥1,800)
学生 ¥1,000 (当日 ¥1,200)
ペア ¥2,500 (前売りのみ)

プレイガイド ローソンチケット(Lコード82412)
前売り開始 5月25日
主催 劇団こふく劇場
[PR]
by sk_anne | 2009-04-24 23:45 | ベケットさん

うっかりすると感傷的

退職日が近づいてくる。
思うところはたくさんあって、でも、やはりさみしいというのが正直なところだ。
なんだかんだ言いながらも10年以上お世話になった職場なので。
社員で5年・派遣で6年、というところ。
昨日は、11年前の入社時に上司だった方が出張で来社された。数年間一緒にお仕事をさせていただいたが、今は東京にいらっしゃる。
当時わたしは社会人になりたてだったけれど、尊敬できる・信頼できる上司というのはこういう方なんだろうなと思ったものだ。
わたしは昨日もぼさぼさのあたまだった。
「お久しぶりです」とご挨拶したところ、どういうわけか「役者みたいな髪をしてるな」と笑われた。
退職前にお会いできて嬉しかった。
[PR]
by sk_anne | 2009-04-23 18:45 | 真夜中の文箱

じゃがじゃが

脱稿間近。
もうひと踏ん張りですがよ。
肝はやっぱり鹿児島弁じゃが。

そこまでコテコテではないですけど。

慣れてきたのか、後半に進むに従って鹿児島弁が自然と出てくるようになった。
やはり確実に染み付いている言語で、これを生かさない手はなかったのだ。
ただし、書き言葉ではないので表記に困る部分はあるけれど・・・。

この調子で書き上げて、あたまを完璧ベケットモードに切り替えたい。
不器用なのでひとつひとつやっていかないと。落ち着け。落ち着くんだ。
深海ストロベリーを書き上げる→石神先生演出のもと、稽古が進む。うんいいぞ。

そして、しまだは当分恋をする。サミュエル・ベケットに。
[PR]
by sk_anne | 2009-04-22 23:50 | 深海苺

「深海ストロベリー」結の部分に入った。起承転結の結。
とはいえ、結-1が終りに近い程度。あと結-2と結-3が残っている。
プロットに沿って書いているので大きな番狂わせはないが、たまに会話が違う方向へいってしまいそうになる。
いつもの癖だ。
いつもの癖っぽい感じになるのは避けたいので、慎重に書いていきたい。
[PR]
by sk_anne | 2009-04-21 23:39 | 深海苺

鹿児島演劇協議会(略して鹿演協)

鹿演協理事会へ出席するため、鹿児島市へ行く。夕方からだったので、午後は有休をとった。
それで、少し早めに家を出て、閉店セール真っ最中の三越へ。
鹿児島三越は5月初旬で閉店するのだ。
セールとあって、結構なお客さんで賑わっていた。でもやっぱり寂しいものがあるかな。
あまり行かない三越ではあったけれど、閉まるとなると寂しい。
勝手なもんだ。

さて。
今回の議題は08年度の総括についてと、今年度の鹿児島演劇フェスティバルについてと、6月に鹿児島市で開催される九州演劇人サミットについて。
鹿児島演劇フェスティバルは昨年からスタートした。二回目の今年はさらに盛り上げていきたい、ということで。
観る方、演る方、ともに増やしたい。フェスティバルを開催していくことで増加につなげたい。
というか、つながるようなフェスティバルにすること。これが重要な課題なのだ。
演劇人口が非常に少ないので・・・・。
そんなことを話し合い、閉会。
帰り道は雨が結構降っていて、ちょっと前のめりになりながら運転する。雨が降ると本当に見えづらい。

来月は総会だ。
一年経つのは早い。と、ここでも思う。
[PR]
by sk_anne | 2009-04-20 23:50 | 真夜中の文箱