しまだのあたま

annediana5.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 37 )   > この月の画像一覧

稽古帰りに夏を感じる

夜、都城にてベケット稽古。
西米良での通し稽古で露になった問題点を今週中に改善する予定。
日曜夜は高城公演の会場で通し稽古。
場面が途切れないので区切りにくいのだが、金曜までの稽古回数にあわせて一回に3分の1ずつ稽古し、とりあえず土曜に通してみることにした。
改善の兆しあり。
明日は次の3分の1部分を稽古する。
まず今の問題を日曜までに解消して、来週は初日に向けての仕上げだ。
このお芝居は稽古開始時から今までの間に大分変化している。
まだ変わり続ける気がする。
まさに実験中です。

帰り道、運転しながらやけに暑くて首もベタベタしていて、いよいよ夏がきたぞ!!と思った。
嬉しさが不快感を上回る。
エアコンを入れると汗が冷えて寒くなる、あの感じ。
菱刈あたりで花火大会の立て看板を目にしたのだが、日にちまでは確認できず。
夏はいい。
でも、夏が終わるのは早い。
[PR]
by sk_anne | 2009-06-30 23:59 | ベケットさん

米の粉ロール

f0202137_10584326.jpg

本日、稽古はお休み。

夜、友人である自称臭気判定士改めワカバヤシさん(仮名)、サトウさん(仮名)と共にファミレスでご飯を食べる。
久しぶりに行ったら新しいメニューが色々出ていた。
食後のデザートでプリンセットを注文。プリン+好きなケーキ、というセットで新メニューの「米の粉ロール」を選んでみた。(写真手前がそれ。食べかけですが・・・)
プリンの横にロールケーキが二切れのっていた。生クリームでおいしいんだが、ボリュームがありすぎた。
次は違うやつにする。

前の職場で一緒にお昼を食べていたのが昨日のことのようだ。
懐かしいなぁ。
わたしたちは三人とも派遣社員だった。で、退職の時期は違うものの二人は既に転職していて、わたしは後に続くべく職探し中なのだ。
ベケット鹿児島公演日は予定が入っているため、高城公演を二人で観に来てくれるとのこと。
本当にありがたい。

色々がんばらなきゃ。
[PR]
by sk_anne | 2009-06-29 23:58 | 真夜中の文箱

合宿最終日~帰宅

午前中はこふくさんのワークショップだった。村の子どもたちやお母さんたちと一緒に体育館で遊ぶ。
わたしも混ざって参加。
ばらばらに歩いてくださいと言われて、体育館を全力で走りまわる子どもたち。
もうね、力いっぱいだよ。面白い。

やんちゃだったり、はずかしがり屋さんだったり、お母さんの後ろにかくれていたり。何かとても幸せな感じ。
もうすぐ夏休みだ。
村で過ごす夏休み。想像しただけで体の中がきれいになる気がする。


宮崎県にある西米良村は山間の小さな村だ。伊佐市からは熊本県人吉市を経由して行けば2時間程度で着くらしい。だが、雨による土砂崩れで道路が通行止めになっているということで、宮崎市を抜けて西都市経由で向かった。

山に囲まれ、美しい川が流れている。人も環境もとても豊かだ。コンビニもなくて、夜は天然の暗さをたたえる。合宿がひと月早かったら、蛍のイルミネーションが見れたそうだ。今年は近年稀に見るほど見事だったそうで。一斉にバーッと光るらしい。
時間がとろりと濃い。
稽古終わりに西米良温泉「ゆたーと」へ行くのが楽しみだったのだが、昨夜はゆたーとのロビーで民話の「語り」が行われており、村の方々が耳を傾けていらっしゃった。

確実に豊かな時間が流れている。
f0202137_20563287.jpg


連日の稽古で心身ともに結構な疲れがたまっていたことは否めない。みんなそうだと思う。
それが、西米良合宿で随分リフレッシュできた。合宿前と合宿後の今では明らかに気分が違う。
みんなで稽古をして、美味しい自炊のご飯を食べて(ちなみにわたしは後片付け班。)温泉へ行って、話をして、並んで寝袋にくるまって眠る生活。公会堂にはテレビもラジオもなく、川の音や虫の声が聞こえるばかり。非常に穏やかな気分だった。
合宿の間、日ごろ抱えている様々な心配事や不安な気持ちがどこかへ行っていたように思う。
だいたい、自分が失業中であることを考えなかったもの。


さて、通し稽古で見えた問題点をこれからの稽古できっちり直していきます。
がんばるぞー!!


元気でしょ。
[PR]
by sk_anne | 2009-06-28 20:51 | ベケットさん

西米良の夜です

f0202137_2322388.jpg

一応通しました。
初・通し稽古。来週からまた通常稽古に戻ります。
がんばります。

みんなで明日のお味噌汁を作って寝ます。
[PR]
by sk_anne | 2009-06-27 23:22 | ベケットさん

西米良の午後です

昼休憩。14時半から稽古再開。なんとしても一回通したい。

というわけで、昨日の午後から西米良村にきている。「勝負の終わり」の合宿稽古なのだ。
夕方には西米良公演の会場も見にいく。
[PR]
by sk_anne | 2009-06-27 14:22 | ベケットさん

西米良の朝です2

f0202137_9532513.jpg

合宿所からの風景。
豊かな村です。

稽古は、今日一日で通しまでいきたいところ!!
[PR]
by sk_anne | 2009-06-27 09:53 | ベケットさん

西米良の朝です

f0202137_9224978.jpg

お昼ごはんの相談中。
[PR]
by sk_anne | 2009-06-27 09:22 | ベケットさん

西米良です

f0202137_14462654.jpg

サボテンの花。
[PR]
by sk_anne | 2009-06-26 14:46 | ベケットさん

冬になって

わたしは編み物というのをしたことがない。
去年なんとなく、かぎ編みを始めてみようと思い、通販で6回シリーズの初心者用キットを購入したものの手をつけていない。6セット、袋も開けずにそのままだ。
友人に借りたまま読み終えていない漫画や、貰ったり買ったりしたまま全然読んでいない本や雑誌も多数待機している。

あたまの切り替えが不得意というか、要領が悪いのだ。

安定所には通っている。
状況は厳しい。もうすぐ二回目の失業認定日がやってくる。できることなら三回目の認定日前までには就職していたい。
雇用保険の説明会でたまたま高校の同級生と再会したのだが、彼女は数ヵ月前に仕事を辞めた後、しばらくタイ(だったと思う)へ行っていたと話してくれた。羨ましい。
旅行するにはいい機会なんだろうけど、残念ながらわたしには経済的余裕がない。だからとにかく早めに定職に就きたい。けど思う仕事はなかなか見つからない。応募しても不採用だ。
ベケットをしてなかったら家にこもりがちだったと思う。
だから今はベケットが社会との接点、みたいな感じだ。
公演が終わる頃には、疲れたとか言いながらも毎日仕事へ行って、休みを心待ちにする日々に戻りたい。
とにかく、できるだけ精神的に健やかでありたいのだ。
[PR]
by sk_anne | 2009-06-24 14:45

このひとが

f0202137_235657.jpg

サミュエル・ベケット氏です。本の表紙ですが。
この写真(絵?)だと「気難しい紳士」って感じです。実際はどうだったのかな。台本にはユーモアがあるからなぁ。

さてさて、今夜は大口で稽古。
物語もだんだん終わりに近づいてきた。と、あべさんから鋭い指摘が!!

!!!ああ、そうだわっ!!

それは客席の配置上、考えなければならない重要なことでした。
演出として見落としてはいけない部分だった。
ちょっと調整することで解決する問題なんだけど、自分はそこに考えが行き渡らないんだもんなぁ・・・・・。
他の部分に目を向けていると、そういう大事な基本の部分を見落としてしまう未熟さ。
痛感するし、前向きにもなる。
今回は役者さんたちから学ぶことが本当に多い。
同世代の役者さんたちだが、同世代なだけに感心するのだ。意識の高さやいろいろなことに。
だから、わたしも精一杯力を尽くさなきゃ。
皆さんと一緒に良いものを創りたい。そして、多くのお客様に観ていただきたい。
たぶん、何か心にひっかかるお芝居であることは間違いないと思う。
そう、物語は終盤に向かっているわけだが、稽古しながらなんとも言えない切なさみたいなものに揺さぶられるのだ。愛おしくて仕方なくなる。

サミュエル・ベケットさん、この流れはなんですか。確実に揺さぶられます。人間ってこうなんでしょうかね。
なぜか・・・・「愛燦々」が頭の中で再生されます。
どうしようもない極限状況で、終わりに向かう話なのに。
それが「人間」なのだとすれば、そんな、どうしようもない「人間」として生きていたいと思ったりします。
そのままでこんなに愛しく思えるのなら。


明日夜は都城で稽古。
[PR]
by sk_anne | 2009-06-23 23:59 | ベケットさん