しまだのあたま

annediana5.exblog.jp

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。

<   2010年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

変化

大抵のことは時とともに変わっていってしまう。
変わっていくことをもっとうまく受け入れられれば、いろんな考え方や感じ方もまた違ってくるんだろうなとも思う。きっと良い方向へ。
変わっていく、ではなく、変わっていってしまう、と書いてしまうのは、できれば変わってほしくないと思っているからだ。自分でよくわかる。
でも変わっていってしまう。


10月初めの都城公演を観劇したこふく劇場さんの「水をめぐる」「水をめぐる2」の大阪公演がいよいよ来週末に迫っている。
生の舞台特有の濃い時間が迫ってくる。繊細さと力強さに感情が揺さぶられます。
関西方面にお住まいの方は是非!!
詳細はコチラ⇒劇団こふく劇場
[PR]
by sk_anne | 2010-11-25 23:59
こないだポラリスのおかげで(正確にはポラリスの「季節」)あたまが四畳半モードになり、今、四畳半にかかっている。書けるときに書いておかなければという感じだ。この感覚を逃すわけにはいかない。
しかし、この四畳半は・・・どうなんだろう。もしかすると闇に朱に続いてお蔵入りになりそうな予感も。闇に朱はキャスト不足で今のところ上演未定なのだが、今度の四畳半は内容的にちょっと今までの作品にはない感じになっている。と自分では思う。冷静になると、これを地元でやれるのか・・・?と考えたりもする。
とにかく最後まで書きます。
[PR]
by sk_anne | 2010-11-24 23:59 | 真夜中の文箱

鼻水が出る

「さよなら」という言葉はあまり口に出さないよなぁというのを最近ふと思った。
昔、学校帰りに先生たちにさようならと言っていたぐらいか。それは決まった型みたいなもので。
お疲れとか、失礼しますとか、またねとか、じゃあとか、ありがとうございましたとか、今、別れ際に出るのはそんな言葉だ。学生だった頃は考えたこともなかったが、さよならというのはさみしさを呼んでしまう言葉なのかもしれない。
もう会えない感じがする。あくまでも印象だけれど。
例えば友達と遊んだ最後にさよならと言ってもまた次には会えるのだ。
それでも使わない。

中学生くらいからよくわからない劣等感みたいなものがずっとあって、そんな自分とつきあってくれる周りの方々には感謝している。友達でいてくれるみんなもだし、家族もだし、嫌わないでいてくれる方々に対して、本当にありがたいと思う。

風邪のひきはじめなのか、鼻水が出る。ノロウィルスには感染したくないところだ。
台本を書く。
[PR]
by sk_anne | 2010-11-22 19:44

Q10を観た

初めてしっかり観た。
茶の間でテレビがついててなんとなく観始めたんだけど、面白くて。
今まで観てなかったので関係性とかわからないながらも会話とか好きな感じで、エンドロールで脚本を確認したら木皿泉さんだった。
最初から観とけばよかった。
[PR]
by sk_anne | 2010-11-20 23:59 | 真夜中の文箱

「蛙先生」を読む

飛ぶ劇場「蛙先生」を観に行った方から上演台本をお土産にいただいた。とっても面白かったので、とのこと。
f0202137_23372093.jpg

観たかった作品なので非常にありがたい。
さっそく読んだんだけれど、軽やかな会話と終わりまで先がよめない展開と、その中でじわじわ効いてくる毒みたいなやつが絶妙で。読み終えて、さすが泊さんだなぁ、と。台本でこんなに面白いんだからそりゃあ公演はもう!
良かったに違いない。
観たかった・・・。

自分も頑張って台本を書こうと思った。
[PR]
by sk_anne | 2010-11-19 23:59 | 演劇

思いは募る

今年、非常口はまだ自主公演を行っていない。もちろん活動はしている。だが、劇場を借りて自主的に行う公演については今年度は見送りになるだろう。
各劇団さんからの公演案内は途切れることなくいただいており、正直、少し焦る。というか、不安になる、と言った方が正確か。
わたしたちも何かやらなくちゃ、という感じで。

来年度は今年度の分までしっかり作った作品・舞台で公演を打ちたい。
[PR]
by sk_anne | 2010-11-18 23:59 | 非常口

風の歌がきた

f0202137_23592790.jpg

本日発売。GRAPEVINE「風の歌」。

1.風の歌
2.This town

とてもバインだった。2曲とも、ああバインだなぁ、と思う音楽だった。それが体中を巡って意識の芯へ浸透していく感覚は、家に帰ってほっとする時の感覚とよく似ている。


今日は久しぶりの非常口で、締め切り間近の案件などについて話す。
なんだか年末が近いなぁ。
静かだなぁ。

おやすみなさい。
[PR]
by sk_anne | 2010-11-17 23:59

ノーサイド

地元の大口高校が全国高校ラグビー大会の鹿児島県予選で決勝に進み、今日はその決勝戦の模様がテレビで放送された。勝てば35年ぶり10回目の全国大会進出ということで。この小さな町の大きな夢のひとつであるように感じられる。
選手たちが懸命に頑張る姿と、地元応援団の声援が画面に映り、まさに祈るような気持ちになった。
真摯な試合も、声援も、温かい。
良いものを観た。
35年ぶりの花園進出はならなかったが、それはまた来年の夢として。

なんというか、自分も頑張らなきゃな、と思った。
わたしは結構単純なのかもしれない。
[PR]
by sk_anne | 2010-11-14 23:59 | 真夜中の文箱

聴くよ

レコード屋さんへ寄り、風の歌を予約してきた。

本屋さんにも寄った。が、音楽と人がないじゃないか・・・
他の雑誌の後ろに隠れていやしないかと探してみたが、見付からず。
ROCKIN’ON JAPANはあった。レビューページに載っているに違いないと思い見てみたら、果たして紹介されていた。
GRAPEVINE「風の歌」。
来週には聴ける。
目下一番の楽しみ。
そんなもんだ。
わたしにとってはそんなもんだ、日々の暮らしというのは。
肯定も否定もできない、ここに在る暮らし。在らざるを得ない暮らし。
だからささやかな楽しみでも光輝く。

最近、夢見が悪い。
[PR]
by sk_anne | 2010-11-10 21:01

疾走とか風とか

ここ数日、GRAPEVINEの疾走を聴きながら通勤している。気合いが入る気がする。
来週ようやく新しいシングルが出る。1年半ぶりくらい?待ってたぜ。「風の歌」という曲だそうで。

明日元気があったら本屋さんへ寄る。音楽と人に新曲のことで載っているらしい。
明日元気がなくてもレコード屋さんへ寄る。寄り道が億劫で先延ばしにしていたがさすがにもう予約しとかなきゃ。
バインは良い。本当に。
[PR]
by sk_anne | 2010-11-09 23:59

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。


by sk_anne