しまだのあたま

annediana5.exblog.jp

<   2011年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

もろもろ詰める

細かなもろもろを。

ノラバラ一週間後の翅音。必要な効果音を挙げて、西さんに探していただいた。
ちなみに西さんは今日お誕生日。おめでとうございます。
一旦データをもらって、さらに希望を出したのだけれど、今日もらったある効果音がとても良い感じだった。おお!これこれ!という感じで。繰り返して聞いた。調整希望で残るのはあと1種類。今回の演出で重要な音だ。お誕生日なのに・・・と申し訳なく思いつつ、音についての希望を書き連ねたメールを送信。
とかしていたら、石神先生から大道具搬入についての相談電話が。明日会館へ相談してみることに。今日は保留。
とかしていたら、鹿児島演劇協議会・仮屋園さんから電話をいただき、翅音リーディング当日のことを少し打ち合わせた。椅子のこととか。とりあえず詳細はノラバラが終わってからということで了解してもらう。お世話になる。
で、じん子さんへノラバラ集合時間などについてのご提案メールを送る。
で、風呂に入ったら小さいカエルらしき生き物がいた。緑色。目が悪いのではっきりしなかったが、あれはカエルだろう。近づいて見たりはせず。
で、その間にもっちゃんから電話がきていて、かけ直す。ノラバラパンフの校正の件だった。すぐに添付メールを送ってくれて、確認後、返信。電話。
じん子さんからお返事をもらい、集合時間決定。
とかしている間に、方々からご予約メールを頂戴する。ありがたい。明日、ひとまず現状のご予約リストを作る。前売り券は金曜日までご予約受付中。観劇を検討中のみなさま、是非よろしくお願いいたします。あ、もちろん当日券もございます。
明後日夜から仕込み。
ノラバラはいよいよだ。がんばろう。
[PR]
by sk_anne | 2011-11-30 23:36 | ノラと風のバラッド

無性に何かを

書き連ねたい気分だ。松田さんの戯曲WSからこっち、書きたい衝動が沸き起こってきている。
歩き回った中洲の景色、感触を、思いだす。
街を歩いた。それも単に移動で歩くのではなく、意識を尖らせて、歩いたのだ。するとただ歩くだけでは感じることのない情報が体内へ降り積もってきた。普段気にも留めない事柄が浮き立ち、輪郭を持ちはじめた。
思い返せば不思議な時間だった。街の喧騒の中にいながら、心の内は極めて静寂だったような気がする。そこからは確実に表現欲が生まれた。見えた風景を、聞こえた音を、そこにあるものを、そこにいる人たちを、自分自身を、それらを内包している街そのものを、街を超えた何か・・・佇むことで生じた様々な感覚みたいなものだと思うのだが、そういうものを、とにかく書き連ねたい。

今日はもう寝る。寝なければ。明日も仕事だ。
そしてノラバラがもう本当に間近に迫ってきている。
みなさま是非ご来場ください。


************
演劇集団非常口×小林市民劇団25馬力 10周年記念合同公演
ノラと風のバラッド 伊佐公演

九州の小さな田舎町。
佐々木三郎・長女雪子は、商店街のはずれで古ぼけた民宿「ふたば荘」を営んでいる。
次女ふたばは、祖父が遺した千ピースのジグソーパズルに取り組んでいるが、なかなか完成しない。
下宿している姪あや乃は、勤めていたクリーニング屋が閉店し、失業中。
そんなふたば荘の日常に、事件がふわりと舞い降りる。
彼女は捧げた、ノラ猫にサイダーと愛を。
彼女は探した、背中に溶けだす風鈴の音を。
愛すべき暮らしにまつわる、ごくささやかな物語。

【CAST】
山室曹俉・南崎由美子・中嶋友紀・餅原奈々・杉山知づる・島田佳代・西和博・的場恵梨・春田久子


【STAFF】
作 :島田佳代
演出:神水流じん子・石神朋子
照明:川田京子・工藤真一(ユニークブレーン)
音楽:中村大介(小林市民劇団25馬力)
チラシイラスト:いさお


会場:伊佐市文化会館
日時:平成23年12月3日(土)  18時半開場 19時開演
   平成23年12月4日(日)  13時半開場 14時開演
チケット:(前売券)1,000円 (当日券)1,200円  (高校生以下)前売り当日共に500円
プレイガイド:伊佐市文化会館

【お問い合わせ・チケット予約】
Mail:hijoguchi☆dwmail.jp(非常口) 25barikih☆gmail.com(25馬力)
  ☆を@に変えてください。
  または、劇団員まで直接お願いいたします。

主催:演劇集団非常口・小林市民劇団25馬力
後援:伊佐市・伊佐市教育委員会・伊佐市文化協会・南日本新聞社
   鹿児島演劇協議会・九州地域演劇協議会
[PR]
by sk_anne | 2011-11-30 01:32 | 演劇

うひょー!近づいてる

ノラバラ伊佐公演、いよいよ今週末です。
ああ、早い。早いよ。早いよ、おっかさん。
上演時間は約90分。ノラと風のバラッド。
寒い冬に、温かいお芝居はいかがですか。たぶん体温高めだと思う。そして直球ストレートです、きっと。もろに吐いてるもの、何と言うか、うひょー!っていうせりふを。いや、「うひょー」とは言いませんが、なんかそんな気分になるせりふ。少しだけ照れくさかったり。そういうせりふ。
寒い冬です。温かいお芝居を、どうぞ。
みなさま是非ご来場ください。
ふたば荘でお待ちしています。

(写真は9月小林公演)
f0202137_0144874.jpg


演劇集団非常口×小林市民劇団25馬力 10周年記念合同公演
ノラと風のバラッド 伊佐公演

九州の小さな田舎町。
佐々木三郎・長女雪子は、商店街のはずれで古ぼけた民宿「ふたば荘」を営んでいる。
次女ふたばは、祖父が遺した千ピースのジグソーパズルに取り組んでいるが、なかなか完成しない。
下宿している姪あや乃は、勤めていたクリーニング屋が閉店し、失業中。
そんなふたば荘の日常に、事件がふわりと舞い降りる。
彼女は捧げた、ノラ猫にサイダーと愛を。
彼女は探した、背中に溶けだす風鈴の音を。
愛すべき暮らしにまつわる、ごくささやかな物語。

【CAST】
山室曹俉・南崎由美子・中嶋友紀・餅原奈々・杉山知づる・島田佳代・西和博・的場恵梨・春田久子


【STAFF】
作 :島田佳代
演出:神水流じん子・石神朋子
照明:川田京子・工藤真一(ユニークブレーン)
音楽:中村大介(小林市民劇団25馬力)
チラシイラスト:いさお


会場:伊佐市文化会館
日時:平成23年12月3日(土)  18時半開場 19時開演
   平成23年12月4日(日)  13時半開場 14時開演
チケット:(前売券)1,000円 (当日券)1,200円  (高校生以下)前売り当日共に500円
プレイガイド:伊佐市文化会館

【お問い合わせ・チケット予約】
Mail:hijoguchi☆dwmail.jp(非常口) 25barikih☆gmail.com(25馬力)
  ☆を@に変えてください。
  または、劇団員まで直接お願いいたします。

主催:演劇集団非常口・小林市民劇団25馬力
後援:伊佐市・伊佐市教育委員会・伊佐市文化協会・南日本新聞社
   鹿児島演劇協議会・九州地域演劇協議会
[PR]
by sk_anne | 2011-11-28 23:59 | ノラと風のバラッド

「都市日記fukuoka」

FPAP主催、松田正隆さんの戯曲ワークショップ「都市日記fukuoka」にアシスタントとして参加させていただいている。全5回の長期ワークショップ。昨日と今日はその初回と2回目で、今博多にきている。
感度を高めたい、磨きたいと思った。独自の感度というか、自分はそこで、それを見て何を思うのか、とか。視点のこととか。音、空気とか。いろいろ。
松田さんの言葉は刺激的だ。
参加させていただけて、感謝。
[PR]
by sk_anne | 2011-11-27 08:40 | 演劇

寒さが身にしみる

ふれせんで稽古。
寒かった。
さすが冬。
肌荒れの季節だ。
今日は職場にりんご売りのおじさんがきた。数か月ぶり。
りんごを積んだトラックは、懐かしげなかわいらしい音楽と共にやってくる。
おじさんは路駐トラックから降りて、赤いりんごと青白いりんごとナイフを手にしてやってくる。
慣れた手つきでりんごを切り分け、美味しいよ、と言いながらみんなに試食させてくれる。
しゃきしゃきして美味しかったが、家にりんごはあったので、買わなかった。
[PR]
by sk_anne | 2011-11-24 23:59 | 真夜中の文箱

ご来場お待ちしております

今朝の南日本新聞にノラバラの公演記事が掲載されました。
f0202137_20382890.jpg

翅音リーディングの告知も載せてくださっています。
f0202137_20393036.jpg

本当にありがたいです。
どちらもご予約受付中。みなさま是非ご来場ください!!

昨夜見てきた東洋のナイアガラ「曽木の滝」、今夜は花火も上がっていたはずだ。
今年のもみじまつりも終わってゆく。
寒い。風呂に入って翅音の効果音を聴きなおさなきゃ。明日夜はノラバラ稽古。今夜は翅音デーにする。
内心とても焦っているのだ。
まずはノラバラ伊佐公演。その一週間後に翅音。翅音の翌日はMJホールのワークショップ。その前に、今週末は福岡へ。
仕事も頑張る。地に足つけてやっていかねば。
[PR]
by sk_anne | 2011-11-23 20:41 | お知らせです

東洋のナイアガラを見に行く

東洋のナイアガラ「曽木の滝」が今夜はライトアップされている、ということで母と見に行ってきた。
毎年、もみじまつり、というお祭りがあって。曽木の滝は伊佐市における紅葉の名所でもある。
今夜は前夜祭。明日は本まつり。明日は仕事で本まつりには行けないが、ライトアップに惹かれて久しぶりに足を運んでみた。もみじまつりには少なくともここ数年行ったことがない。ライトアップも毎年やってるようだが、昔、一度見ただけ。
今年はどういうわけか行ってみようと思って。
そう、どういうわけか行こうと思ったんだよなぁ。例年になくバタバタしているのに。
世界が無条件に愛しく思えたら、来るべきときは近いんじゃないかという気がしてしまう。いつも。
気がするだけなんだが。
通常、世界というのは、意地悪で油断できないものだ。
東洋のナイアガラは神秘的で、激しく流れ落ちていた。

f0202137_1950874.jpg

[PR]
by sk_anne | 2011-11-22 23:30 | 真夜中の文箱

暖かい日で。比較的ね。

25馬力さんが伊佐市へ来てくださって、朝から合同稽古。
稽古場所が山奥にある施設で、厳しい寒さを覚悟していたのだが、今日は意外と暖かくて助かった。
お昼には西さんの奥様が作ってくださった肉だんご入りカレーライスとあんのう芋ポテトサラダが登場。美味!!炊き出しには心が躍る。美味しいご飯を、いつもありとうございます!!
伊佐公演まであと二週間。25馬力・非常口の10周年記念合同公演。2劇団に共通する(とわたしは思っているのですが)素朴で温かい雰囲気のお芝居に仕上がっています。ご予約受付中です。みなさま是非ご来場ください。しまだ個人としては、役者として参加する最後の公演。今日の稽古で新たに感じたこともある。雪子(しまだの役名)は、ふたば荘にくるいろんな人の背中を見ているなぁ、と。
楽しみます。
f0202137_2143428.jpg

[PR]
by sk_anne | 2011-11-20 21:07 | ノラと風のバラッド

雨が降り、救急車の音がした。

雨だ。さっき遠くの方から救急車が走っていく音が聞こえた。
今日はあまり寒くなくて足が冷えない。温い雨だ。

昨日と今日は演劇的なことからちょっとだけ離れてみた。考えることも含めて。
ただ、今日仕事帰りに役所へ稽古場の申請書を書きに行ったのだけれど、施設の予約台帳に「演劇集団ひまわり 島田」と書いてあった。電話で予約したとき確かに「非常口」と言ったのだけれど。何回か電話で名乗っているのだけれど。
で、職員の方に、非常口?非常階段?どっち?と訊かれる。
人口三万に満たない町なのに、10年活動しているのに、認知度はこんなもんなんだよな、と改めて実感した。電話口で数回名乗っても最初の間違いを訂正されない現実を。
遅い時間になってすみませんと頭を下げつつ、にこにこ笑って申請書に「演劇集団非常口」と書いてきた。

心身を立て直さなきゃ。
明日からまた頑張る。
[PR]
by sk_anne | 2011-11-19 00:48

やらかした

あああああ・・・・・・・・
もう!!!!なんたる失態・・・・・・。おいおいおいおい!!!!!!
方々に迷惑をかけている、わたしは。
自分を罵る。が、罵っても落ち込むだけでどうにもならない。



稽古へ行ってきます。
[PR]
by sk_anne | 2011-11-16 19:21 | 演劇