しまだのあたま

annediana5.exblog.jp

<   2012年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

役について思う

f0202137_19154268.jpg

稽古だった。
みゆちゃんは月曜稽古のときに、次回までに一旦崩してくると言っていて。予告どおり今日は方向を変えてきた。で、最初から明らかに違った。もちろんいい意味!お!と。聞いてみたら、自分を取り戻そうと思った、と。
白石くんも確実に進歩してきている。話を聞くと、丁寧に考えて演じているのがよくわかる。
今日の一場は、今まででいちばん良かった。
二人とも自分の中を探っている。
芯になるのは作られた表装的な役柄ではなく役者自身だ。出てくるものが役者自身でなければ、役には命も魅力も宿らない。
本番まであと5ヶ月足らず。
全てのシーンがたまに、お!ではなく、常に、お!となるように。

役者もわたしも踏ん張りどころだと思う。


終わってから会館の外に出たら月がものすごく明るいの!着いた時より帰りの方が明るい!
昨日よりも寒くなくてよかった。
[PR]
by sk_anne | 2012-11-29 23:59

坊津

この2日ほど、夢見がよくない。
昨日の朝、目覚めてほっとした夢の内容はもう忘れてしまった。嫌な夢だった、という印象が残っている。
今朝のは少し覚えている。
わたしは高校生で、ローファーが見つからず、仕方ないから黒いヒールの靴でいいや、という夢だった。
その黒い革のヒールは、高校を卒業したとき、入社式に履くために買ってもらったやつで、今でもお通夜とかお葬式とか法事のときに履いている。
高校の靴はローファーじゃなかったのに、夢の中では困っていた。同級生はみんな外で並んでいる。わたしは靴が見つからない。なんか、そんな場面。
別の場面では、見知らぬおじさんと話をしていた。坊津はいいよ、と言われた。
坊津には前々からずっと行きたいと思っていて、だからそんな夢を見たのかな。
坊津へ行けということだろうか。
[PR]
by sk_anne | 2012-11-28 23:03 | 真夜中の文箱

なんだろ

昨日理事会へ向かう途中、あまりにお腹がすいていて、完全に燃料切れで、コンビニへ寄った。
レジにいたのは、以前、ワカバヤシさん&サトウさん(共に友人・仮名)から聞いたどちらかというと加瀬亮っぽい店員よしだくん(仮名)だった。
(よしだくん(仮名)のことについて興味を持たれた方は過去ブログをご参照ください→その①その② )
昨日はマスクをしていなくて顔が見えた。とはいえ、すでにあんまり覚えていないのだけれど、ぱっと見た感じは好印象。そして、丁寧な店員さんだった。

高速を走りながら、外へ向かわなければと思った。内へ内へと向かうとすべてにおいて小さくなる。多面体であること。明日は非常口の稽古。
[PR]
by sk_anne | 2012-11-28 12:55

帰宅

f0202137_2254269.jpg

れーてんごど。

夕方、コンビニのよしだくん(仮名)の顔を見た。

つづく
[PR]
by sk_anne | 2012-11-27 22:54

稽古日

寒い。
稽古日だった。
少しずつ、確実に、だ。
明日夜は鹿演協理事会で鹿児島市へ。
[PR]
by sk_anne | 2012-11-26 23:59 | 演劇

釜あげうどん→初ガラパ

f0202137_12475349.jpg

昨日は宮崎へ行ってきた。万能グローブガラパゴスダイナモス「この中に裏切り者がいますよ」を観劇。
初ガラパは、とにかく勢いがすごくて。嵐のようだった!一緒に行った友人なっちゃんも笑いすぎたと言っていた。
確かに。
役者のみなさんも魅力的で、観客の心を掴んでる空気をもうガシガシ感じた。

鹿児島のいくつかの若い劇団はきっとここを目指しているんじゃないかなぁ。個人的にそう思った。作品や舞台はもちろん、広報とかパンフとか、全部含めて。目指している方向の完成型を目のあたりにした気がする。
みんな観た方がいい。

帰りに台本を買おうと思って物販に立ち寄ったら全部品切れだった。すごい。

先週東京で観たのも演劇だし、昨日宮崎で観たのも演劇だし、その多様性を身をもって感じた二週間。
お昼に食べた釜あげうどんが大層おいしかった。
[PR]
by sk_anne | 2012-11-26 12:47 | 演劇

緑の伊佐美

職場近くで上棟式(の餅投げ)があり、夕方行ってみた。
寒空のもと、子どもも大人も大勢集まっていて、餅投げが始まる。降ってくる紅白餅、お菓子、小銭。
そしたら、拾った5円玉に貼りついていた日付が当たっていて、伊佐美を貰った。たぶん施工主のご家族の誕生日だったんだろうな。まさかの当たり!

しかも、緑色の瓶です。聞くところによると緑の瓶は数が少ないらしい。

f0202137_1952847.jpg


仏壇に供えた。
[PR]
by sk_anne | 2012-11-24 21:24

3年半って!

来年春~夏にかけて本公演を行うわけだが、非常口単独公演としては約3年半ぶりになる。
3年半!!
25馬力さんと合同公演をしたり、鹿児島演劇見本市に出たり、そのほかいろいろ活動はしていたが、単独本公演は3年半ぶりなのか・・・・

f0202137_21214517.jpg

写真はある日の根岸姉弟=えりざべーとと白石くん。確か稽古前に2人で銃のなにかをやっていた。銃の持ち方だったかな。

今後の稽古計画を考えなければならない。
3年半ぶりなのだから。
ピリッとした舞台にしなきゃ。きっとピリッとなるはず。
というか、3年半前とはみんな明らかに違う気がしている。
特に顕著なのはもっちゃんで。三年半前と比べると、役のことをものすごく考えていると思う。今度本人に訊いてみよう。きっと合同公演の成果だ。
[PR]
by sk_anne | 2012-11-23 21:29 | 非常口

なんなのでしょうか

昨夜、電気ブランをほんの少しだけ飲んで寝たら、今朝寝坊した。
というか、目覚ましが鳴らなかった。ケータイの。設定ミスか?
今日はあんまり寒くなかったのだが、温かい牛乳とカンカンに入ったクッキーを思い出したりした。特別な夕方でもなかったのに、今となっては夢にさえ見ることができないではないか。
思いだすだけ。今となっては。
わたしの想いは過去へと向かう。なぜなのか。それはそれとしていいんだけど、最近、人としてどうなのかと思う時もある。考え方とか。内面が。
汚物を吐き出す。「渦巻ガウロン(仮)」を書かなければ。吐き出さなければ。
でも、今日はとても眠い。早く寝る。今日はもうおしまいにする。
明日からまた頑張る。
[PR]
by sk_anne | 2012-11-22 20:46 | 真夜中の文箱

11月

稽古だった。
全身で感じる。感じ続ける。本当に感じれば出てくる。感覚を丁寧に扱う。
まずそこだと思う。

とか、改めてあたまを整理する。いろいろと。

来年4月、伊佐公演です。
その後、非常口は翅音を抱いて県外へ向かいます。
詳細はまたお知らせします。
是非ご来場ください。

f0202137_0211293.jpg


夕方、職場近くのポストへ書類を投函しに行った。
まだ6時にもなっていなかったのに薄暗くて、人も歩いていなくて、近所の家具屋さんの看板の明かりが浮き立っていた。ほっとするような、さみしくなるような。年末の気配はだんだん濃くなっていく。
仕事帰りにローソンへ寄って、ガラパ宮崎公演のチケットを購入した。
[PR]
by sk_anne | 2012-11-22 00:32 | 非常口