しまだのあたま

annediana5.exblog.jp

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。

<   2012年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

雨の別れ。

今週はもうどたばたで。どたばたって、今はあんまりいわないかしら。
いろんなことがあったので、遡ってぼちぼち更新していく予定です。
よかったらまたおつきあいください。

今日は雨だった。午後から休みをもらって、11年乗った愛車と最後のドライブへ。というか、納車時にETCを載せかえてもらう関係で、自分で車を持って行ったのだ。
出発前、最後の記念撮影。
f0202137_2251494.jpg

ガソリンスタンドでも、ああ、最後の給油か・・・とかいちいち感傷的になってしまって。

最近寂しかったのだが、昨夜の稽古終わりに石神先生が、お疲れ様でした、と車に声をかけてくださった。
あちらこちら故障が出てきたということは、もう休ませてくださいって車が言ってるんだよ、と言ってくださって、寂しさが少し和らいだ。

思えば、辛い時期からいつも一緒だったのだ。どんなときも。
そして、非常口の歴史とともにあった車でもある。
ありがとうNewBeetle。
こんにちは、up!。
色は同じ赤にした。排気量はNewBeetleの半分だが、帰り道の高速走行も安定感があり、快調だった。
新しい歴史が始まる。ローンと共に。
[PR]
by sk_anne | 2012-12-28 23:03 | 真夜中の文箱

天文館の夜

夕方から鹿児島市へ向かった。仕事を早退させてもらい、すこし早目に出発。可能なときはできるだけバタバタしたくない。
鹿児島演劇協議会の忘年会だ。FMを聴きながら高速を走っていたら、ワム!のラストクリスマスが流れてきた。クリスマスだものね。

早めに着いたので、店の場所を確認してから本屋さんへ。なんだろうな、特に見たい店もないし、こんなときに行くところは本屋さんしかない。
最近そうなのだ。欲しいものもあまりない。仕事履きのスニーカーを新調したいのだが、買いに行くのが億劫で。靴をなぁ、と思いながらすでに数か月経つ。

忘年会ではものすごく久しぶりにとんがり帽子をかぶった。クリスマスっぽい。
今まで話したことのなかった方ともお話できた。話さなければわからないこともある。そんな当たり前のことを実感した夜。
良い時間だった。
良いクリスマスだった。
f0202137_21325113.jpg


でも、天文館の人の少なさにはびっくり。
一次会が終わって店を出たのが22時過ぎ。駐車場へ向かってアーケード街を歩いたが、本当に人が少ないの。
これは確かにさみしい。
[PR]
by sk_anne | 2012-12-25 23:59 | 演劇

欠落

身体と意識がちぐはぐに感じることがある。みんなそういうときはあるんじゃないかと思う。昨夜、3時過ぎに目が覚めて、自分が本当に島田佳代なのか疑わしく思えた。いつもの部屋でいつものように眠っているけど、そもそも存在が疑わしく思われた。じゃあこの身体は誰なのかということになるが、答えはない。客観的には島田佳代でしかないし、わたし自身もそう捉えるしかない。=自分ということか。別に落ち込んではいない。
[PR]
by sk_anne | 2012-12-23 08:00

ぐりぶー

鹿児島のゆるキャラに「ぐりぶー」というのがいる。頭に葉っぱが刺さった緑のブタだ。うん、あれはたぶんブタだと思う。
花かごしまというイベントのキャラクターだったのだが、県のPRキャラクターに昇格したらしい。先日、夕方のローカルニュースでやっていた。県庁職員の男性が頭に巻いたハチマキに葉っぱみたいなのを挟んで、ぐりぶーのことを紹介していた。ぐりぶーはぐりぶーダンスを踊っていた。

いつだったか、最初にぐりぶーを見たとき、それも夕方のニュースだったのだが、彼は花かごしまの説明会会場にいた。画面に映ったのは和室の集会所みたいな部屋で、あのでかい着ぐるみが説明する人の横にいた。説明を聞いているのは子どもたちではなく、おじさんたちだ。
和室にぐりぶー。説明会にぐりぶー。
まったく締まりがない。
ふざけたブタだ。

と否定的だったのだが、どういうわけかだんだん可愛らしく思えてきて、今ではくまモンと並んでも負けていないように感じる。
正直に告白しよう。好きだ。
可愛らしいのになにやら不器用そうな感じがいい。
ちなみにぐりぶーには彼女がいる。さくらちゃんというピンクのブタだ。名前はおそらく新幹線からきている。と思うのだけれど。
[PR]
by sk_anne | 2012-12-22 23:59 | 真夜中の文箱

+2人。8人所帯です。

先日、ホームページと本公演チラシ用の写真を撮っていただいた。
素敵に撮っていただき、感謝!
個人撮影のあとに集合写真。最近の非常口です。
といってもこの日は白石くんが参加できず、とんちゃんも休団中なので、残念ながら全員集合ではない。
本当は写真+2人の8人所帯。
f0202137_2113214.jpg

f0202137_21142878.jpg

[PR]
by sk_anne | 2012-12-21 23:59 | 非常口

まいる、めいる。

稽古だった。
外に出たら寒さが。もう。
冬はこれだから、もう。

耐えきれず最低限の連絡事項伝達後、即解散。

来週は稽古納めだ。今年も終わりが近づいている。

やろうと思っていることをやれないまま日々が過ぎてゆく。
[PR]
by sk_anne | 2012-12-20 23:50 | 演劇

役者はやらないのか?

非常口OGみっちから電話をもらう。小道具作りの話なんかをしたあと、かよさんはもう役者はされないんですか?と訊かれた。
うん、役者はやめました。もうやらないよ。
と答えた。

役者をやめて、確かに演出に専念できるようになった。今、難しいけれど、楽しい。
自分が観たいものを創る。
それだけのことなのに、そこへ至る道は長くて険しい。
さっき風呂で考えたんだが、来年の本公演に関して、うまくいったらそれは役者の力だ。
うまくいかなかったら、役者を生かしきれなかったことを含めて全てわたしの責任だ。
[PR]
by sk_anne | 2012-12-19 22:41

愛着

稽古だった。
毎回退館時間ギリギリまで稽古して、連絡事項などの話は外に出てから行うのだが、最近の寒さといったらガチでパねぇし。
あまりものごとを深く考えないようにしたい。気にしすぎないこと、考えすぎないこと。
そうすればうまく保つことができそうな気がする。
深く考えるのはものを創るときだけでいい。
けどなかなか、ね。
別れの季節だ。
来年2月にくる車検費用を先日見積もってもらったら、パねぇの。真剣に乗り換えを考えざるをえない。22才の時、60回払いで買った初めての新車だった。一緒に生きてきて、わたしは33才になった。
ぱっと見、外観は問題ないのだが、もう11年目なので確実にガタがきている。メンテナンス費用は今後かさむ一方だろう。あと5年は乗る気でいたが、現実は厳しかった。
帰宅して、車から降りた。家の外灯に照らされるその姿を見ていたら寂しくなった。わたしにとっては単なる足ではなかった。大好きで、10年以上ほぼ毎日乗っていて、言ってみれば苦楽を共にしてきた相棒なのだ。楽しいときも悲しいときも、共にあった。
姿を見ると、愛しくて悲しくなる。
手放すときがきたら、たぶん泣く。
[PR]
by sk_anne | 2012-12-18 23:59 | 真夜中の文箱

投票→稽古

朝、投票へ行きそのまま伊佐市文化会館へ。
大ホールの舞台を借りて一日稽古した。寒かったが、濃い稽古になった。よかった。
甘えず、取り組む。
それだけだ。

揺らがない、でも、しなやかなひとになりたい。そうじゃないから、毎日反省する。
わたしはわたし。であるからには、揺らがない、けれどしなやかなひとになりたい。
環境がどうであろうと、最後はひとりだ。誰を愛していても、ひとりだ。どうなっても、その感覚は消えないと思う。消えない予感がする。

さて、選挙を見ようっと。で、気が向いたら渦巻ガウロン(仮)を考えて、早めに寝る。
ちょっと寒気がする。
[PR]
by sk_anne | 2012-12-16 21:13

選挙とキャバレー月世界

あらら、1時をまわった。
今日は朝投票してから稽古へ行かねばならない。

選挙にはいつもじーちゃんと一緒に行っていた。迎えに寄ってもらって、じーちゃんの運転で公民館へ行っていた。
じーちゃんはふとん屋を始める前は北九州の小倉や鹿児島市でタクシードライバーをしていて、80才を過ぎてからも車の運転が上手かったのだ。最近まで軽自動車にばーちゃんを乗せて、小倉の親戚のところへ高速を飛ばして行っていた。最後の免許更新時だったと思うが、視力でひっかかって二種免許が更新できず、大層悔しがっていた。視力検査をした女性のことを「ろくな女じゃない」と言っていたのが笑えた。
クリスマスになると、飲み屋さんでもらったケーキをタクシーに置いていくお客さんが多くて、じーちゃんがお土産にたくさんもらってきて、わたしの父と叔父が喜んでいた、とばーちゃんから聞いたことがある。月世界とか言ったかな、そんな名前のキャバレーがあったとか。
12月だな。
おやすみなさい。
[PR]
by sk_anne | 2012-12-16 01:25

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。


by sk_anne