<   2013年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

雨のせいか

f0202137_728924.jpg

天気というか、明るさというか、そんなのが関係しているのか、気持ちがざらついている。なぜなのかわからない。

非常口一日稽古のあと、「翅音と見本市がんばろう会」だった。居酒屋で西さんと緒方くんが見本市「スワン」を音読してくれた。
書いている時、そして読み返した時の印象と違った。
実際のかけあいを聞くと、妙におかしかったりするから不思議。
人物が立ち上がるのはやはり嬉しい。
自分は書くことが好きなのだと思う。単純に好きなのだ。落ち込んだとき、無理矢理にでも創作のことを考えると元気が出る。
帰宅して、久しぶりに「ひまわり」を観ることにした。
たまに光と陰が濃い映像を観たくなる。きついくらい色がくっきりと鮮やか。光が本当にまぶしく、ソフィア・ローレンは意志的で美しい。
[PR]
by sk_anne | 2013-06-30 23:59

続く

午後から休みをとって都城市総合文化ホールへ。
おかげ祭りが近い。町の様子が、祭り前。1年前、取材で通っていたのが懐かしい。

おかげ祭り取材メモ・リーディングを観てきた。映像×朗読のドキュメンタリー的内容。脚本講座受講生のみなさんの取材メモをもとに、映像にあわせて加筆構成した。形になったものを拝見できるのは、やはりとても嬉しい。
来月はいよいよ「恋し都、響いて遙か」の本番!
7/27と28、都城市総合文化ホールです。詳細はこちらから→スマイルみやこんじょ「恋し都、響いて遙か」
みなさま是非ご来場ください!

7月はいろいろあって。ひとまず、岡崎藝術座とチェルフィッチュは観に行く。ともに初観劇。どちらとも鹿児島で観られるのがありがたい。
見本市もくる。恋し都も本番だ。翅音の稽古も続く。
[PR]
by sk_anne | 2013-06-29 21:35 | 真夜中の文箱

感謝

●「四畳半の翅音」福岡公演のチラシが出来上がりました。是非手にとってご覧いただけると嬉しいです。裏面に、松田正隆さん(マレビトの会)と永山智行さん(劇団こふく劇場)からの推薦コメントを掲載しております。このお二人からコメントをいただけるなんて!
ありがたく、感慨無量です。→昔の日記「新・シマダの頭」

●福岡市文化芸術振興財団の機関誌「wa」58号に読み切りエッセイを書かせていただきました。九州戯曲賞×福岡市営地下鉄のページ「地下鉄のある街」です。書く場を与えていただけるのは本当に幸せなことです。
感謝。
「wa」はWEBでもご覧いただけます。充実の内容、読み応えあります!→「wa」58号
[PR]
by sk_anne | 2013-06-28 23:59 | 演劇

キキとジジ

f0202137_12504047.jpg

昨夜は久しぶりに飲んだ。家で、発泡酒をグラス一杯。
髪を切らなければならない。髪を。髪を、髪を。
けど、いつ切りに行こう。いつ行けるだろう。とか考えるのだが、思うだけでは始まらないのだ。
何事も。
うーむ。

襟足刈り上げないと調子がでないのか。
ねー。

魔女の宅急便で、確かキキが買い物しながら「暮らすって物要りね」みたいなことを言っていた。
暮らすのは大変。だが、暮らしは愛しく、だから困る。
とか、靴下を見ながら思った。母が職場で送別の方からいただいてきたやつをもらった。
[PR]
by sk_anne | 2013-06-28 12:50

潔くありたい。

髪を切ろうと思う。
髪を切る夢をみた。

こないだ切ったが、わたし自身の何かが甘かった。潔くなかった。よろしくない。
襟足を刈り上げなかったのだ。
近いうちに切って気合いを入れる。が、いつ切りにいけるかな。
来週どこかで行けるかな。カットだけだから、来週稽古のない日の仕事帰りに行く。
[PR]
by sk_anne | 2013-06-26 19:02

たぶん

心身ともにがっちがちになっているのだと思う。優しくない自分。不安とかイライラとかそんなネガティブな気持ちばかりが増長して、核みたいなものを忘れてしまっている。

高校時代、

「いつも微笑んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
どんなことにも感謝しなさい。」

と学校で歌っていたのを思い出す。
わたしは大事なことを忘れていた。その自覚もないままに。
[PR]
by sk_anne | 2013-06-23 19:22

目が覚める

親切な小学生2人に救われた。些細だけれど、わたしにとってはすごく大きな出来事で、帰り道に運転しながら泣けてきた。
自分の気持ちがいかに荒れてすさんでいるかわかった。びっくりした。自覚しないまま、だいぶ荒れているのだと思った。
神様から目を覚ましなさい、優しくなりなさいと言われたような気がした。
そして、こんなことで泣けてしまうのはきっと疲労が関係しているからに違いないと思った。
最初に戻らなければ。見失ったらいけない。
昨夜は一匹うるさい蠅がいて目が覚めた。
なんか、夜が明けないみたいだ。
[PR]
by sk_anne | 2013-06-23 18:50

書こうぜ!

夏にFPAPさんの初心者向け戯曲ワークショップの講師をさせていただくことになった。詳細はこちら→「書こうぜ、せりふっ!」

戯曲。書けば書くほど楽しくなるし、わからなくなるし、悩むし、でもやっぱり好き、という感じだ。
登場人物がいて、彼らの言葉がせりふになり、動きはト書きになっていく。興味はあるけど全く書いたことがないという方、大丈夫です。せりふは必ず出てきます!
最初の一歩を踏み出すお手伝いができればと思う。

なのでわたしも戯曲書き、もっともっとがんばる。
[PR]
by sk_anne | 2013-06-21 23:59 | 戯曲

稽古の彼方

GRAPEVINE「望みの彼方」は名曲だ。
昨夜は稽古だった。5場後半。ガシッと観てしまう。観てしまう場面だ。不穏な予感が加速した挙げ句、崩れてゆく場面。山場。

終わる前、もっちゃんと先生に完成した「スワン」を読んでもらった。
[PR]
by sk_anne | 2013-06-21 12:46

蚊にさされる

稽古だった。明日明後日も稽古なんだが、台風、どんなかな。
金曜日、台風次第ではお休みになる。
今期の連ドラはひとつも観ていないんだが(朝ドラあまちゃんだけ観れるときは観てる)7月スタートのwomanは必ず録画→全部観る。間違いなく名作の予感。
motherと、それでも、生きてゆくは、自分が今まで観たことのある連続ドラマの中で三本の指に入る!といってもそんなにたくさん観ているわけでもないから、(現に今期は観てないし・・・)あれだけど。
あと一本は、すいか。叶うならハピネス三茶に住みたいと真剣に思いながら観ていた。
[PR]
by sk_anne | 2013-06-19 23:59 | 真夜中の文箱

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。