しまだのあたま

annediana5.exblog.jp

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。

<   2013年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

生活すること

いろんな話を見聞きする。
スナックの話とか。わたしも前を通ったときに入口の貼り紙を見て笑ってしまったことがある。二度見した。
小さな町なので、いろいろ。
風景もある意味どぎつかったりする。
そういうのはきっと生きてくる。

戯曲ワークショップが近い。がんばる!
[PR]
by sk_anne | 2013-07-30 12:50

中村メロディの話

昨日ついに「恋し都、響いて遙か」を観た!去年の脚本講座から携わって、一年が経つ。去年はおかげ祭りの取材に明け暮れた夏だった。舞台化された作品を観るのはやはり感慨深いものがある。やはり嬉しい。終演後の舞台上にお邪魔していたら、演出・ゼロソー河野さんがみなさんに紹介してくださって、出演者の方々にご挨拶させていただけた。
スマイルみやこんじょのみなさんの一員になれたことに改めて感謝。
みなさん、ありがとうございました。お疲れ様でした!

帰り道、翅音の音楽を聴きながら運転した。中村メロディだ。中村さん(劇団25馬力)は「恋し都、響いて遙か」でも音楽を担当してらっしゃって、鍵盤生演奏してましたよ。中村メロディだった、やっぱり。
もともと25馬力さん繋がりで、泡沫サーヤという作品で音楽をお願いしたのが最初なのだけれど、それからずっとお世話になっている。
台本をお渡しし、稽古を観てもらい、場面に応じておまかせで音楽を作ってもらうわけだが、毎回間違いないものを作ってきてくれる。そう、間違いないのだ。期待以上のものを出してきてくださる。
同級なのに。同い年なのに、すごいぞなかむー!
四畳半の翅音では特に、後半の響子がベニヤを割るシーンの「房」が衝撃的だった。転換後の6場に入る部分は「房」を聞いて演出の方向が決まった。稽古であれこれ試していたのだが、この音がくるのならこれだろう!みたいなことで。
今後もご迷惑でなければお願いするわけだが、新作が書き上がって、これはまたなんというか、やりにくいんじゃないかと思っている。でもお願いしますけど。

そんな中村メロディ満載の四畳半の翅音・福岡公演は8月17〜18日、ぽんプラザホールです!!
みなさまぜひご来場ください。
[PR]
by sk_anne | 2013-07-28 22:42

くー

f0202137_2359687.jpg

チェルフィッチュ「女優の魂」行きを断念した。手元のチケットが哀しい。
7月は岡崎藝術座とチェルフィッチュは行く!と決めていたのだが、要領が悪くやらなきゃならんことがあれこれ追い付いていない。結局今日は断念。
先日、「(飲めない人のための)ブラックコーヒー」は観に行けた。初岡崎藝術座。刺激を受けた。
あれこれ観たいんだけど、時間のやりくりがうまくいかない。初チェルフィッチュだったんだけどなぁ・・・。次の機会を待つ。

明日は「恋し都、響いて遙か」だ。ついに舞台化となる。午前中仕事して都城へ直行する。いよいよ最終形。早いもので取材から丸1年経っている。この日を待っていた。どんな作品になっているのか、楽しみ。
雨が止めばいいけどなぁ。
今、結構降っている。
[PR]
by sk_anne | 2013-07-26 23:59

どうも、こんばんは

煮詰まることが多く・・・・
気分転換の意味もあってときどき新しい台本を書き進めている。翅音ともスワンとも違う世界。
あ、スワンは掠るか。
九龍晴紀と芳紀が出てくるので。水谷サリーも出てくるので、去年と今年の見本市書き下ろし台本が下敷きになってはいます。
今回は素舞台です。道具は使うけど。だけど、翅音よりも暗い・・・。現実の自分だったら絶対関わりたくないような人とか、嫌らしいせりふとか、なんじゃこりゃっていう行動とか出てくる。書いてて気持ち悪い。
なんでこうなるかな、と思うんだが、自分の中の毒を吐きだしてる感じなんだろうか。。正直これを上演するのもどうかという感じの台本が出来ると思う・・・・。書いてるわたしはどういう人間よ?と。結構ひどい。
嵐のような毎日ですが、そこそこ元気です。
[PR]
by sk_anne | 2013-07-14 21:15 | 真夜中の文箱

梅雨が明けたらしい

とニュースが言っている。
梅雨明けしたのに、気分が晴れない。なぜだろう。いや、なんとなくわかってるんだけど。
心配なことがたくさん。
自分よ、元気になってくれ。頼むから!
[PR]
by sk_anne | 2013-07-08 12:24

ふかづめ

髪を切った。最近長めだったので、もとに戻った感じがする。
なんだかなぁ、相変わらず夜が明けない感じだ。天気がおかしいせいかもしれないけど、なんとも言えない。
髪切ったのになぁ。
やらなきゃならないことがたくさん。行きたい場所もある。なのに、うまく進まない。段取りと精神力の問題で自己嫌悪に陥りつつある。どんなに苛ついても自分とは離れられないから厄介だ。一生つきあわないといけない。爪も切った。ふかづめになってしまった。蝉が鳴いてるからまだよかった。今が夏であるのは救い。
[PR]
by sk_anne | 2013-07-07 17:00

労働者は夜に書く

明日髪を切りにいく。
夏だから、刈り上げ万歳。襟足だけですが。
昨日今日と非常に忙しかった。仕事があるのは幸せなことだ。疲れたからよく眠れるだろう。
ただ、夜起きてられないのは台本を書く上で困る。
しかも自分は朝も弱い。朝が強ければ早起きして書く手もあるんだけど、なかなか。
と言いながらこれから書いて寝る。進むと楽しいんだけどな。がんばる。
[PR]
by sk_anne | 2013-07-06 20:40

めまぐるしい。

先日、父が珍しくまともなことを言っていた。昔、商売をしていた頃、知人の方に言われたそうなのだけれど、
コップの水をくるくるかき混ぜる。と、かき混ぜるのをやめてもしばらくは水はくるくる渦を巻く。が、やがて止まる。

止まったものをもう一度動かすのは容易なことではない。
だから、ゆっくりでもいいから動かし続けることは大事。動かし続ける限り、止まることはない。

みたいな話だった。だから、がんばりなさい、みたいなことを言われた。
そうか、と思った。

考えることも思うところも多いし、どうかするとひどく落ち込んでしまう。だから気持ちに蓋をしたり、残念に思うのを止める代わりに諦念みたいなもので感情を覆ってみたり。わたしはおそらく自分自身でそうすることに慣れてしまっている。そうすることで自分を守っている。
調子に乗るなよ、と自分を戒める。この考え方自体が個人的な問題で、そのことについて考えるとき、ひとりだな、と思う。当然だ。自分はひとりしかいない。
ただ、今は、動いていこうと思う。
ひっそりとでいい。
強くありたい。
[PR]
by sk_anne | 2013-07-05 23:59 | 真夜中の文箱

womanを録画する

昨夜からwomanが始まった。毎週録画設定した。
昨夜は作業しながらちらちら観ていたが、やはり面白い。あの梨のくだりとか。
梨、そうきたかぁ、と。勉強になる。
この先なかなか観られなくなるので、とにかく録画。
落ち着いたら集中して鑑賞する。9月以降だな。
楽しみ。
そうそう、役所の場面に井之上隆志さんが出演なさっていた。井之上さんは「恋し都、響いて遙か」にゲスト出演される。楽しみだ。
今月27日と28日。みなさま是非ご来場ください。
[PR]
by sk_anne | 2013-07-04 23:59

閉じる

梅雨だからかなぁ。
お昼をたべていたら涙が出てきて、目薬をさした。けど駄目で、お手洗いへ。少し泣いた。変だ。何が哀しいのか、なんとなくわかるんだけどそれは生きてることに起因する問題だ。まさに漠然としていて果てしなくて解決できない。しかも昨夜ひまわりを観たもんだから、あのテーマ曲(すごく好きなんだけど、哀しい)がぐるぐるまわっている。
[PR]
by sk_anne | 2013-07-01 12:41

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。


by sk_anne