仕事帰り、ガソリン残りわずかを知らせる警告音が鳴った。ぴー。
プリンタのインクを買うついでにガソリンスタンドへ寄ることにした。お給料日前なので、今回はちょっとだけ入れとこうと思って。
そしたらガソリンスタンドに普段見ないような行列ができているではないか。
は???なんで???
と思ったが、そうだ、今日は3月31日だった。
それで結局、満タンにした。
ガソリンが満タンに入っていると、どこへでも行けそうな気がしてしまうのだが、実際はどこへでも、というわけにはいかない。
ただ、どこへでも行けるな~。と思いながらまっすぐ家へ帰る。
ああ、それがわたし!!!
[PR]
by sk_anne | 2014-03-31 21:45

再開する

ひとまず、ひとまず。
今日は一日原稿を書いていましたが、なんだか楽しかった。
登場人物たちが喋り出してくれた。そして、彼らがとても愛おしく感じた一日でもありました。
よかった。
今夜からちょっとだけ安らかに眠ります。
4月になったらやりたいことがいろいろある。そのうち、楽しみなお知らせもあるかもです。
おやすみなさい。
[PR]
by sk_anne | 2014-03-30 23:59

4月になったらまた遊びにきていただけるとうれしいです。
今後ともどうぞよろしくお願いします!!
[PR]
by sk_anne | 2014-03-21 22:39

心配性

もともと心配性なのだが、最近ひどくなってきている気がする。
何度も同じことを確認したり。火の始末とか、鍵とか。
あと、たとえば、手紙に封をするまで何回読み直すことか。しかも、机の上にあった関係ない書類まで一緒に入れてやしないか、とかそんなことまで気になって開封したりすることもある。開封するが、余計な紙が入っていたことはない。だって封をするときにすごく確認するんだもの。
それなのに、心配になる。
だから公私に関わらず手紙の封をするのが好きではなく、それだけでひと仕事した気になる。心配して、落ち着くまでのプロセスを思うと、ちょっと気が重くなる。
手紙を書くこと自体は好きだから困る。書いている間はいいのだ。
書き終わって読み返して、封をしてから落ち着くまでの気の持ちようが、結構深刻だったりする。
[PR]
by sk_anne | 2014-03-20 19:06

それにしても「ごちそうさん」は面白い。一切失速しない。
登場人物のキャラクターとか役割とかバランスとか、物語が後になるに従ってよりかっちりはまっていく感じ。
役割として出てきてほしいひとや、そこに必要なひとがずいぶん前から登場し、主要人物と着実に絡み、跡を残している。必要な布石を確実かつ自然に置いてきているというか、そのことで生まれる後々の効果が最初から見事に熟考されているというか。
過不足がない。
すごいなすごいな〜と、ほれぼれしながら観ている。
話の内容や構成はもちろん、細部までほんとうに緻密に計算されてるのだと思う。
[PR]
by sk_anne | 2014-03-19 23:44

闇を走ること

昨夜、鹿児島からの帰り道、高速に乗った。
合流車線でこちらはウインカーを出して走っているのに、いっこうに車線を変更しようとしないトラックがいて。
追い越し車線を走ってくる車はいなかった。だから、変更できるのにわざとしないように見えたのだ。
そこに悪意を感じてしまって・・・
それでもこんなとき、いつもならとにかく車が行きすぎるのを待って走行車線に入る。
だが、昨夜は違った。
なぜかわからない。些細な体調の問題だったのかもしれない。
とても頭にきた。
頭に血がのぼったんだと思う。
急加速してトラックの前の走行車線に入った。
喧嘩腰で追いかけてくるんじゃないかと思ったし、腹立たしかったのでさらに加速した。
後ろのトラックは、ぐんぐん遠ざかっていった。

ミラー越しにライトが遠ざかっていく様は、穏やかなもんだった。

なんだ・・・。

嫌がらせなんかじゃなくて、もしかすると前をよくみてなかった(それは大変危険だが)のかもしれない。もしかしたら高速に不慣れな方だったのかもしれない。なにか車線変更できない理由があったのかもしれない。
運転に不慣れな方がトラックに乗って夜間の高速を走ることはないだろうという勝手な先入観もあった。
すべて悪い方に判断してしまった。ほぼ、瞬間的に。

この気持ちのあり方は、よくない。
なんだかなぁ・・・。
なんであんなに腹が立ったのかなぁ。なぜ最初から嫌がらせだと決めつけてしまったんだろう。
そこに悪意なんて存在しなかったのかもしれないのに。
相手に悪意があろうとなかろうと、自分は車線が空くのを待って入ればいいだけの話だったのに。

11時過ぎに帰り着いた。
事故なく無事に帰りついたが、心身は重くて仕方なかった。
春先の気分の問題かもしれない。
いつものことだが、自分にうんざりする。
[PR]
by sk_anne | 2014-03-18 22:11

不器用なので。

ものごとはできるだけ計画的に進めたい。
うまく切り替えができればと思う。課題だ。
例えば月曜夜は完全になにもしない!とか、そういう決めごとを生活に導入すれば気分的にも落ち着いて休めるような気がしている。
とはいえ、明日夜は理事会で鹿児島行き。
[PR]
by sk_anne | 2014-03-16 18:55

春と手紙

f0202137_19371495.jpg

春だなぁ。と思った。まだ寒いけど。
お寺の花壇は菜の花でいっぱいでした。
[PR]
by sk_anne | 2014-03-15 19:37

Tシャツをつくろう

稽古で言ってみた。
劇団Tシャツです。今年は作ろう。

25馬力さんと合同公演のときに作ってもらった「ノラと風のバラッド」公演ポロシャツはあって、以降、非常口の公演本番なんかには必ず着用している。ノラバラポロシャツ。
着ると気合が入る。

そして、非常口Tシャツ。
作ろう作ろうといいながら数年経つ。今年こそ作るぞ。
と宣言しておく。
[PR]
by sk_anne | 2014-03-13 23:03

此岸

わたしはこうしてここにいる。同じ町で、平穏な日々を送り続けている。
ここで生活していたからだ。
複雑な気持ちになる。
生まれた土地が、故郷が、暮らしていた場所が違う、それでこんなにも状況が違ってしまっている。

理屈も道理も通らない事象を内包し、時にそれらを容赦なくさしむけてくる世界に生きていることを、
自分がいつどうなるかわからない小さな人間のひとりであることを、
わたしは芯から自覚できているのだろうか。
忘れるな。
この日々を粗末にするな。
[PR]
by sk_anne | 2014-03-12 19:23

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。