しーんとなるシーン

稽古。
今夜は最後の場面をやりました。
最後に出るのはこの2人(写真は合宿の時です。)

f0202137_04297.jpg


稽古終わり、右に写ってる中岡が「もう瞼の裏に活字ですよー」と言っていた。せりふが長い場面なのです。
時計が鳴った、というくだりで、わたしの気持ちはしーんとなった。 それはもちろん良い意味で。
中岡は時計の音を声に出すのだけれど、聴いてる方は気持ちが無音状態になる。そんな場面です。
というか、そんな場面なんだな、というのを発見した。
向かい合っている緒方の心の揺れ幅みたいなものはまだこれからいろいろ試して探っていく。
どんなことになるのか、楽しみだ。
役者を通すと、書いていた時には見えなかった部分が見えてくる。そうくるか、そうなるか!みたいなこともある。
そういうものを発見することが、今とても面白い。
[PR]
by sk_anne | 2014-09-30 23:59 | 非常口

台本を書く時

台本を書く時。
音楽を聴いて台本に向かう、ということがある。
なんかこんな雰囲気かなぁ、みたいな曲をみつけたら、それを結構聴いたりする。自分の中に「今回目指す空気感」として据える感じ。
実際に台本を書くときは基本無音状態だ。自宅で、無音の中で書く。わたしは集中力も落ち着きもないので、そんな風にしないと気が散って進まない。
なので、聴くのはもっぱら書く前後のひとときか、通退勤時の車内。
[PR]
by sk_anne | 2014-09-29 20:03 | 戯曲

乗組員合宿

昨日と今日、合宿稽古を行った。

f0202137_21254097.jpg
f0202137_21262389.jpg


写真は食事のやつしかないですが、がっつり稽古しました。予定通りの進み具合。よしよし。

稽古しながら何度も切なくなった。あのひとたちは本当にいそうなのだ。
どこにでもいそうな、そして不器用なひとたちです。わたしは演出なので、もっと客観的に冷静にならんといかん。けど、いい作品になると確信した。役者が丁寧に命を吹き込んでます。あの場所の空気感、というのもあるかもしれない。
役者の身体を通して作品が立体化され、戯曲を書いたときには思いもしなかった空気や感情に出会えた気分だ。
まずは11月の公演ですが、再演したい作品になりそうな予感。ぜひたくさんの方に観ていただきたいです。
演劇集団非常口第16回公演「乗組員」どうぞご期待ください。


演劇集団非常口第16回公演
「乗組員」

【物語】
その年の初夏、イトヨソータの妻・イトヨナミコは島から姿を消した。
夫であるイトヨにも、実の妹・アカザにも、何も告げずにいなくなった。

その年の初冬、フェリー乗り場の事務員が波止場にとまる見慣れない小舟を発見した。小舟の乗組員は、島で食堂を営むスズキの甥・サバオだった。
サバオは、ナミコと共に小舟に乗り、島に着くまで一緒だったという。
けれどナミコは姿を見せない。
ナミコの行方は誰も知らない。

日々は過ぎてゆく。季節は巡る。島と本土の間は毎日フェリーが行き来する。
イトヨは今日も、待っている。

【公演日】
2014年11月22日(土)~23日(日)

【会場】
岩戸鉱泉内 隠れ坊「岩戸」(鹿児島県伊佐市菱刈)

【タイムテーブル】
11月22日(土) 18時30分開場 19時開演
11月23日(日) 13時30分開場 14時開演
11月23日(日) 17時30分開場 18時開演

【出演】
緒方慎也、中岡美由喜、白石崇将、石神朋子、西和博

【スタッフ】
作・演出: 島田 佳代
宣伝美術 : 西 和博
フライヤーイラスト : いさお
制作 : 春田 久子

【チケット】
※9/20発売
※日時指定
前売り/(一般)1,500円 (高校生以下) 700円
当 日/(一般)1,800円 (高校生以下)1,000円
伊佐市内プレイガイド:オニツカ/パン工房ながの
ネット予約:CoRich舞台芸術!

※各回40席限定です。前売り券完売の際には当日券は発行いたしません。
 当日券の有無は、劇団へお問い合せ下さい。
※未就学児はご入場いただけません。

【主催】
演劇集団非常口
【後援】
伊佐市・伊佐市教育委員会・鹿児島演劇協議会・九州地域演劇協議会

f0202137_0331544.jpg

[PR]
by sk_anne | 2014-09-28 21:37 | 非常口

やってみる

稽古でした。

福岡の劇団HallBrothers主宰・幸田さんのブログが面白く、いつも読ませていただいている。
先日、稽古に関することをお書きになっていた。
こちらです!→幸田村

会話劇。
「乗組員」も会話劇だ。それで、この練習法をぜひ真似させていただこうと思い、今日の稽古でやってみた。
役者には、ちゃぶ台に向かい合って座り、DM郵送用のチラシ三つ折り作業をしながら会話するようお願いした。
作業しながらせりふを言うことに慣れておらず最初はぎこちなかったのだけれど、作業を止めずに繰り返すうち、だんだん自然な感じになってきたように感じた。「ええ」とか「ああ」とかそういうのが特に。
この感覚。
これは合宿でもやってみようと思う。それこそ、実際に掃除しながらとか。

非常口は、わたしにも、他のみんなにも、足りない部分がたくさんある。
良いと思ったものはとにかくやってみて、前向きにチャレンジしていけば、きっと成長できる。
そう信じている。
そう信じてなんでもやってみることが、前進につながるのだと思う。
きっと結果はついてくる。

がんばるぞー!
[PR]
by sk_anne | 2014-09-24 23:59 | 非常口

役者さんたち

稽古でしたー。
ビリー緒方、戦ってます。良い感じです。今日はもっちゃんに相手役をしてもらって稽古。
ビリーが演じるイトヨは基本的にずっと出ている。途中、出ないところが一か所だけあるのかな。そんな感じ。
全体の9割近く舞台にいる。
久しぶりに役者もっちゃんをみた。代役だけど。台本離すんじゃないか、みたいな感じでやっていた。
今回は制作やってもらってるけど、彼女は役者だ。次はやっぱり役者だな。

自分の中でひそかに決めたことがある。
これは守ろうと思う。
[PR]
by sk_anne | 2014-09-23 23:59 | 非常口

見かけたら手にとってね

チラシ配布しはじめました。
公演まであとぴったり二か月。どうぞよろしくお願いいたします。
土日は劇団初の合宿稽古です。公演会場に泊り込んで稽古します。

イトヨソータの家のすぐ横(岩戸鉱泉)を歩く春田。

f0202137_2323127.jpg


会場は緑がいっぱいですよ!
撮影したのはわたしです。手ぶれがひどいな、おい・・・。
[PR]
by sk_anne | 2014-09-22 23:11 | 非常口

気を抜くと人見知り

わたしは人見知りです。
もしも、もしもですが、そんな感じはしないと思っている方がいらっしゃるとすれば、自分結構がんばってるんだなと思います。(そんなふうに思う方はいないかもしれないけど。)
たしかに昔よりはだいぶマシになってきてまして、そこは我ながら、よし!と思っているところです。
でも今日久しぶりに人見知りが発揮されてしまい、ああ、マシにはなったけど克服できてはいないのね・・・と自覚してちょっと、しーん、となりました。
閉じこもるのは楽なんだけど、それじゃ、そこまでなんだよなぁ。できるだけ楽な道に逃げないように、と心がけてはいるものの、体調とか気分の調子とかによっては逃げてしまいそうになるときがあって。
今日はちょっと、逃げた。
明日からまた頑張る。

気を抜いて楽な方に流れていたら、そこまで。ほんとに、そこまで。それで、やがて自己嫌悪に陥る。わたしの自己嫌悪は強力で、ものすごく疲れるし、絶望的になってしまう。
気を張ってるのはたしかにしんどい時もあるし、一時的に落ち込むこともあるんだけど、そこには後悔や自己嫌悪がない。健やかだ。しんどいことがあっても、自分を肯定できる。こっちの方がずっといい。
まあ、個人的な思いです。
健やかに生きていきたい。
[PR]
by sk_anne | 2014-09-21 20:11 | 真夜中の文箱

劇団いさと非常口

お知らせ~!

【演劇集団非常口】
第16回公演「乗組員」は今日からチケット発売中です。
みなさま、ぜひご来場ください。
会場でお待ちしております。
非常口サイトのトップページからも、こりっち予約できます!→非常口ホームページ


【劇団いさ】
ごりごり活動中です。
劇団員も募集中!みなさまぜひ一緒に国民文化祭を盛り上げましょう!
初心者の方、心配ご無用!楽しいですよ(^O^)
詳細はこちらから→伊佐市ホームページ
[PR]
by sk_anne | 2014-09-20 20:00 | お知らせです

いさおさんの絵

劇団25馬力さんとの合同公演「ノラと風のバラッド」以降、非常口のチラシの絵は、いさおさんにお願いし、描いていただいている。ノラバラのとき、もっちゃんが「描ける方がいるから!!」ということで依頼してくれて、それからずっとお願いしている。
f0202137_20261510.jpg

f0202137_20271766.jpg


「四畳半の翅音」もだし、今回の「乗組員」もだ。

f0202137_20204194.jpg


いさおさんはまず台本を読み、そこから自由に描いてくださる。
絵があがってきたときは、いつも、おおーーーー!と全員から声があがる。
情景というか、わたしは台本を書くので、あたまのなかに断片的な風景があるのだけれど、それを具体的に取り出してくださったような絵だと思うのだ。目にすると、ああ、そうだこの景色を見ていたんだな、とストンと落ちていく感じ。
今回の「乗組員」も全部が詰まっている。
[PR]
by sk_anne | 2014-09-15 20:38 | 非常口

ハローワークと乗組員

劇団いさ・書いてみるコースの課題にとりかかろうとしている。
前回書いた分の手直しだ。公園とハローワークとお店が会話する短編。
ハローワーク。
今回はその公園から見える場所にあるので登場しているのだけれど、台本を書いていると仕事がうまくいかない、あるいは失業、みたいなひとが結構出てくる。

「乗組員」には出てこないかな。
強いて言えば、サバオくんがまあそんな感じに近い。でも、日雇いのアルバイトはいろいろしてたんだろうと思う。
「乗組員」のあのひとたちがこれからどうなっていくのか、それは正直なところわたしにもわからない。
あのひとたちは、今まで書いた中で一番、現実にいそうな気がしている。
今回わたしたちは、イトヨさんちの出来事・イトヨさんに起こったこと・イトヨさんが見たもの、を濃く、丁寧にたちあげることが重要なんだと思う。
[PR]
by sk_anne | 2014-09-15 12:26 | 演劇

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。