乗組員について/その②

「乗組員」は稽古の過程でせりふを変えていった部分がちらほらある。
岩戸鉱泉の一軒家の使い方の変更(玄関がふたつあって、どっちを使うか、とか。)でそれにあわせてせりふをいじったりしたが、ここで言いたいのはそういうことではない。
たとえばラストもほんの少しだけだが、台本とは違う。
上演では、台本に書いてある一番最後のせりふをカットしてト書きの動きも変えた。稽古しながら、そうなった。

「四畳半の翅音」までは、書いたものはできるだけいじらない感じで、なんというか、戯曲に忠実に、ある意味頑固に上演していた。役者さんのアドリブもほとんど入れなかった。
でも、今回の乗組員は、自分でも柔軟な演出になったと思う。戯曲に忠実である部分と、そうじゃない遊びの部分がうまく混ざった上演になった。
どっちがいいとか悪いとか、そういうことではないです。単純に、今までにない新しい感じがした。
自分の中で。

作品の内容的にはそんなに愉快なやつではないけれど、芝居を創る過程ではこれまでと比べて遊びの要素が多かったように思う。稽古しながら役者さんたちとたくさん話した。
アドリブで面白かったものは上演で採用した。
稽古しながら良い方向へ変わっていくのが、楽しかった。作者として譲る部分と譲れない部分がうまく融合できた公演だったと思う。
自分のあたまの中で完結する戯曲の世界に、外から命を吹き込むのはやはり現場であり役者だと思った。やっぱり戯曲そのものは一番最初の設計図でしかないのかもしれない。設計図をもとにして、全員でよりよいものへと立体化させることが上演する場合とても大切になるんだな、と実感した。どれをとるか、判断するのが演出なんだな、と。

劇団らしかった、劇団の良さが出ていた、という感想をくださった方が数名いらっしゃるのだけれど、そういう空気を感じていただけたのかもしれません。
とても嬉しいお言葉でした。
少しだけ、自分の演出の方向、みたいなのが見えかけたような気もする。結構、役者任せだったり(笑)

「乗組員」は上演するあてもなく書いた戯曲ではなく、演じる役者と上演(第16回公演)を予定して書いた作品だ。非常口のために書いた作品だ。
だから柔軟でいられたということもあるかもしれない。

つづく。
[PR]
by sk_anne | 2014-11-27 23:59 | 非常口

乗組員について/その①

長くなりそうなので分割。今日はその①です。

本当にいい公演でした。
冬で、寒いんだけど、なんだかとても温かい気持ちになる公演だった。毎回なんだけど、今回もたくさんの方々に支えていただいて、非常口は幸せものだと、心底思いました。
とても、いい公演だった。
わたしは部屋の隅、トイレの前から観ていたのだけれど、暗闇でストーブが橙色に燃えていて、たくさんのお客様がじーっと、集中して、真剣にお芝居を観てくださっていて、それだけで温かい気持ちになったりもしました。

どこに着地するでもない、答えもない、終わりもない、そんなストーリーです。
今一番書きたかったことでもある。
そして、その台本を、役者さんやスタッフさんが、きっちり立体化してくれました。

毎回なのだけど、奇跡が起きたような気がするのです。なにもないところから、ひとつの世界が立ち上がり、まるで本当にそこにいるひとたちの物語へと変化を遂げることが、ふとした瞬間、不思議で。稽古中も仕込み中も本番中も、奇跡が起きているように思える瞬間がある。

「四畳半の翅音」に続いて、「乗組員」も再演したい作品になりました。

つづく。
[PR]
by sk_anne | 2014-11-24 23:59 | 非常口

乗組員とお別れ

公演終了しました。
ありがとうございました!
f0202137_2192940.jpg

[PR]
by sk_anne | 2014-11-24 02:19 | 非常口

f0202137_034024.jpg


演劇集団非常口第16回公演
「乗組員」

【物語】
その年の初夏、イトヨソータの妻・イトヨナミコは島から姿を消した。
夫であるイトヨにも、実の妹・アカザにも、何も告げずにいなくなった。

その年の初冬、フェリー乗り場の事務員が波止場にとまる見慣れない小舟を発見した。小舟の乗組員は、島で食堂を営むスズキの甥・サバオだった。
サバオは、ナミコと共に小舟に乗り、島に着くまで一緒だったという。
けれどナミコは姿を見せない。
ナミコの行方は誰も知らない。

日々は過ぎてゆく。季節は巡る。島と本土の間は毎日フェリーが行き来する。
イトヨは今日も、待っている。

【公演日】
2014年11月22日(土)~23日(日)

【会場】
岩戸鉱泉内 隠れ坊「岩戸」(鹿児島県伊佐市菱刈)

【タイムテーブル】
11月22日(土) 18時30分開場 19時開演
11月23日(日) 13時30分開場 14時開演
11月23日(日) 17時30分開場 18時開演

【出演】
緒方慎也、中岡美由喜、白石崇将、石神朋子、西和博

【スタッフ】
作・演出: 島田 佳代
宣伝美術 : 西 和博
フライヤーイラスト : いさお
制作 : 春田 久子

【チケット】
※9/20発売
※日時指定
前売り/(一般)1,500円 (高校生以下) 700円
当 日/(一般)1,800円 (高校生以下)1,000円
伊佐市内プレイガイド:オニツカ/パン工房ながの
ネット予約:CoRich舞台芸術!

※各回40席限定です。前売り券完売の際には当日券は発行いたしません。
 当日券の有無は、劇団へお問い合せ下さい。
※未就学児はご入場いただけません。

【主催】
演劇集団非常口
【後援】
伊佐市・伊佐市教育委員会・鹿児島演劇協議会・九州地域演劇協議会

f0202137_0331544.jpg

[PR]
by sk_anne | 2014-11-23 18:00 | 非常口

今日から乗組員

初日です。
いい作品になりました。

【岩戸鉱泉への道のり】
伊佐市菱刈の本城小学校前の信号を、スカラー株式会社(工場)方向へ曲がり、上り坂を進んでください。途中分かれ道もありますが、道なりにひたすら直進します。
岩戸鉱泉の小さな看板があるところ(時計のついた案内表示があるところ)で右折して、また道なりにひたすら直進します。
右手に小さな短い橋がみえます。右折して橋を渡ると岩戸鉱泉です。

みなさまどうぞご安全に!
会場でお待ちしています!
[PR]
by sk_anne | 2014-11-22 06:05

日付け変わって

今日小屋入りです。
昨夜は小屋入り前日で稽古は休みだったので、もっちゃんとあれこれ買い出しに行ってきた。
伊佐市内とはいえ、岩戸鉱泉は町から離れた場所なので、買い忘れたものをちょっと、という外出がなかなか(車で結構走らないとお店がない。)なのです。
食事も自分たちで作るので、その献立の材料やら、ストーブの灯油やら、掃除用品やら、テープ類やらなんやらかんやら。
中打上げ用のお酒なんかも。
もう、考えられるものは全部。
結構な量。まあ、10人近い人間の食材なので、そうなるよなぁ。
こんなに大々的な買い出しは初めてで、こんなに時間がかかるもんなんだ、と、ちょっと驚いた。
あっという間に22時でした。

そんな小屋入り前日を経ての今日。
1時が過ぎたので寝る。
1時までには寝るのが目標だったんだけど、かなわなかった・・・・。
よく眠れそうな気がします。
掃除機を忘れないようにしないと。
おやすみなさい。
[PR]
by sk_anne | 2014-11-21 01:15

最後の稽古

文化会館練習室での稽古が終わった。
あとは小屋入りしてからの稽古のみ。
明日は休養日にした。
明後日小屋入り。

今日は、おやすみなさい。
[PR]
by sk_anne | 2014-11-19 23:29 | 非常口

乗組員上演時間

約70分です。

とにかく、悔いのないものにしたい。

なんのために、とか、考え出すと分からなくなる。だから今はそういう複雑なことは考えないでおくべきだし、そうしたい。

イトヨさんちの茶の間を見続けてきた日々も、もうすぐ終わる。
わたしは今回の「乗組員」というタイトルが本当に好きで。我ながら良い題名だと思う。そして、登場人物たちも本当に好きで。
どうにもならず、漂うことしかできないあのひとたちが、とても好きで。
公演が終われば、もうあのひとたちに会うことはない。
公演一回一回がそうだ。
再演は、なかなかできるものではない。

結末も見えない。答えもない。そんな世界を、いま自分は生きている。日々、働いて、食べて、眠って。
小さくもがきながら、怯えながら、笑いながら、時にため息をつきながら。
あらゆることは、終わっていく。いいことも、わるいことも。
どんなときも季節は巡る。
時間は過ぎてゆく。
もう少し。

あたまがまわらなくなっているのがわかる。
みんながんばっている。
わたしもがんばる。

もう少しだ。
[PR]
by sk_anne | 2014-11-15 22:51 | お知らせです

毎日乗組員

みなさんお楽しみに~!
会場でお待ちしています。
f0202137_2332986.jpg

f0202137_23323617.jpg

[PR]
by sk_anne | 2014-11-14 23:33 | 非常口

寒くなった

寒くなった。
乗組員の稽古が続いている。

いさおさんに描いていただいたチラシの絵がぴったりくるお芝居になりつつある。

と書くと、雰囲気を想像していただけるかな。観てのお楽しみですね。

あの絵の印象とお芝居自体の印象は近い。

台本を読んで描いてくださった絵。
改めて、嬉しい。

がんばります。
[PR]
by sk_anne | 2014-11-14 01:40 | 非常口

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。