しまだのあたま

annediana5.exblog.jp

<   2015年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

昨日の夜中はかみなりがすごかった。寝ていたらあまりの音に目が覚めた。
あー、すごいな。うるさいなー。
と思ってまたすぐ寝た。腹立たしかった。あの音。雷のせいで眠りが中断された。
うるさいだけで迷惑だ。
かみなりはそんなに怖くない。ひらがなで書くとなんだかかわいらしい。なんか、嫌だな。
雷。
漢字でいく。

雷はそんなに怖くない。子どもの頃からそんなに怖くない。きゃっ、とか思わなかった気がする。
たしかに嫌な感じはするけれど。
本当に小さい頃はへそを隠さなきゃと思っていたかもしれない。憶えていない。
今は、電化製品がやられたら嫌だな困るわと思う。

きゃっ、怖い。
小学校だか中学校だか高校だか、確かにそういう子はいた。雷を怖がる子。もう誰だったかは憶えていないけれど、確かにいた。
今思えばかわいらしいが、その時のわたしは、心の中で、おいおいほんとに怖いのかよ?と思っていた。
そんなだからいけなかったんだろうか。

たとえば、雷を素直に怖がる子だったら、モテたんだろうか。

だけど今さら、きゃっ、怖い。とは思わないし、思えないし、公衆の面前で雷が鳴ったとしてそんなことを口に出したら、わたしはきっとイタいひとだと思われるだろうし、それこそおいおいほんとに怖いのかよ?と思われるのならまだいいが、怖くもクソもないくせによく言うよ、と失笑を買うに決まっている。
もはやどうにもならない。
残念なことです。
[PR]
by sk_anne | 2015-04-30 21:09 | 真夜中の文箱

広いのか狭いのか

というのを考えていた。
世界は広いのか、狭いのか。
たぶん答えは永遠に出ない。今際の際にもわからないと思う。今日明日考えてわかるわけがないのに考えていたし、考えている。世界、と書いたけどそれがなんなのかもちょっとわからなくなっている。
地球のことではないと思う。まだ宇宙の方がしっくりくる。宇宙は茫洋としすぎていて、わたしには全くわからないからだ。結局、自分の中の実体のない何かなんじゃないかと思っている。
それがどういう大きさなのか、わからない。伸縮するのは確かだと思う。
[PR]
by sk_anne | 2015-04-29 21:38 | 真夜中の文箱

モンブラン

母親の誕生日だったので、仕事帰りにケーキ屋さんへ寄った。モンブランのロールケーキにした。
モンブランが好きなのだ。
わたしが。
栗がたくさん。栗好きってわけじゃないけど、栗がたくさん入ってるのは贅沢な気がしてどきどきする。栗のクリームも、ほっほほーと思う。
栗単体が好きなわけではない。
ん?違うな。
栗は好きだ。ものすごく栗好きってわけではないということです。ただ、ケーキをどれかひとつ選ぶ時はかなりの確率でモンブランです。
お母さんは喜んで、あらーありがとーね~、と言ってコーヒーをいれてくれた。
夕方、ネスカフェゴールドブレンドを飲みながらモンブランを食べた。
良い日だった。
[PR]
by sk_anne | 2015-04-29 20:59 | 真夜中の文箱

へー!なメール

今年も九州戯曲賞の募集が始まったようです。
わたしは、とにかく書けるようになりたくて書くことを学びたくて、都城の戯曲講座へ通っていました。
その後、自分が書いたものを読んでもらいたい一心で九州戯曲賞に応募しました。
書くのは孤独で答えのない作業だけれど、それを続けていく勇気を貰った。毎年、募集が始まるたびに、あのとき応募してよかったなと思う。貰った勇気がずっと支えになっているので。
右側、お知らせのところにバナーを貼らせてもらいました。

応募といえば、夕方、市役所からメールを貰った。
ご意見ありがとうございました、みなさまから頂いたご意見をもとにただいま検討中です、みたいな丁寧な内容だった。
最初ピンとこなかったけど、内容を読んで思い出した。
何カ月か前に市の広報紙を読んでいたら、ある事案について「市民のみなさんからのアイデアやご意見を募集します」っていうのがあって、それを書いて市役所へ郵送したのだ。
そうだった、出したんだった、と思い出した。すっかり忘れていた。
たしか連絡先欄にメールアドレスも書いておいた。
なので、アイデアを送ったひと全員にこの、ありがとうメールがきているということだろう。電子メールのアドレスがない方にはおそらく文書が郵送されているのではないだろうか。わからないけど、たぶんそうだと思う。
こうやって、ちゃんと担当課から「アイデア受け取りました。」的な返事を出してくれる姿勢はとても良い!
と嬉しくなりました。
[PR]
by sk_anne | 2015-04-28 21:17

昨日から今日にかけてのはなし

昨日のはなしです。
13:00-22:00まで劇団いさの稽古。がっつり。具体的な形がみえてくるのは楽しい。がんばります。
南日本新聞「朝の文箱」にエッセイの1回目が掲載されました。感謝。ピアソラと胃腸炎のことを書きました。
読んでくださったみなさまありがとうございます。
来月以降も月イチで書かせていただきます。よろしくおねがいします。
f0202137_195486.jpg


今日は仕事に行って仕事から帰ってきました。
夜はなにもないので、ちょっと台本を書く。
へんなはなしになりそうで嬉しく思っている。へんなはなしを書きたい。ほんとに、自分のことはわかってるようでわかってないなとこの頃思うので、違う感じのものが書けるかもしれない。
実際、ちょっと感覚が違うような気がしている。まだ出だしだけど会話の質感も今までと違っているように思う。うまく言えないんですが、書きやすい方向へ流れるのを禁止するような感覚です。なんだろう。よくわかりませんが、なんかそういうのがあるのは確かです。持ち味みたいなのがあるとして、禁止することによってそれがうまく機能せず、結果まったくつまらないものになる危険性も大きいですけど、まあとにかく書いてみる。
持ち味みたいなものがうまく機能しなくても、まったく機能しないことはないと信じているので、つまらなくても自分の体臭を感じる台本にはなるはずだ。
バランスなんじゃないかと思うんだけど、そのへんも書いてみないとわからない。
書かないことにはわからないし、検証しようもない。
だから書く!
[PR]
by sk_anne | 2015-04-27 20:10

意外な自覚

最近、自分の中に意外な発見があった。
え、そうなんだ!そっかぁ、と思うような発見だった。考えれば考えるほど、不思議な気持ちになる。
自分のことはわかっているようでわかっていない。
[PR]
by sk_anne | 2015-04-27 00:34

実験開始

新しい戯曲を書き始めた。
上演するかどうかはわからない。書きたいから書く。
途中苦しむとは思うけど、それでもやはり楽しい。

タイトルは暗い。内容はそんなに暗くなくて、それはいいと思う。これまでと少し印象が違うという意味で。
登場人物に感情移入しすぎることなく、観察してみる。客観的視点からおかしみを含めて描く。この意識を徹底したい。できるかどうかわからないけど、自分なりにやってみる。手探りだ。どんな印象のができるかな。わからない。
あと、失速して温度が下がらないように気をつける。これは、いつも気をつけなきゃと思っているのにうまくいかない。難しい。
課題がたくさんある。
とにかく書いてみる。
[PR]
by sk_anne | 2015-04-25 23:59 | 戯曲

日焼けの季節

仕事帰り、図書館とドラッグストアに寄った。
本を二冊借りて、首用に日焼け止めを買った。顔にはずっと塗ってるけど、首にも塗ろう。
そんな季節になってきた。
ということは、元気な季節が近づいているということだ。元気を出そう。
先日、水森亜土イラストのピンクのハンドタオルを買った。
元気が出そうな気がする。
亜土ちゃんのイラストはとてもかわいい。かわいくて、なんだか懐かしい感じがする。ここ、重要。
懐かしい、ということ。かわいいだけじゃなくて。
だから好きです。
おやすみなさい。
[PR]
by sk_anne | 2015-04-22 22:19 | 真夜中の文箱

お疲れさまね〜。

スーパーのレジで知らない店員さんに
ありがとうございました〜、お疲れさまね〜。
と声をかけられた。50代後半くらいの、優しそうな女性の店員さんだった。
お疲れさまね〜。
マスクして、目が死んでたからかなぁ。
あったかい気持ちになった。
あしたもがんばろう。
[PR]
by sk_anne | 2015-04-20 20:49

はじまったぞー

「伊佐市を題材にした創作劇」の稽古が始まった。
大塚さんの稽古、さっそくばんばん動く。ばんばん動いて、シーンが立体化されて見えてくる。
わたしは出演者ではないのだけれど、演出部員という形で稽古に参加している。
今日は午後から夜までみっちり8時間稽古。今日は新メンバーも数名入って嬉しい限りです。
これから11月まで稽古や打合せやPR活動やらでさらにばたばたが加速していくと思う。
とにかくみんな、健康第一。
おー!
[PR]
by sk_anne | 2015-04-19 23:42 | いさ演劇祭