しまだのあたま

annediana5.exblog.jp

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。

38%

f0202137_1810739.jpg

飲む。
[PR]
# by sk_anne | 2017-01-12 18:10

果てしなくめがね

昨夜、ワカバヤシさんサトウさんと、ストレスの話になった。
歯医者さんの話からの流れだった。
疲れると歯ぐきが下がってきて、歯が痛くなることがあると歯医者さんで言われたことがある。
疲れ、ストレス。

生きてること自体がストレスだ。
前向きに。
または、諦めかも。
前向きな諦め。
ストレスがなくなったら、それはそれで不安な気がする。
自分があとどれくらい生きるかわからないけど、死ぬまでストレスと共にある。
そう思っている。

夕方元気があったら生姜を買って帰る。たぶん買って帰る確率は38%くらい。
[PR]
# by sk_anne | 2017-01-12 12:58

果てしなくパクチー

ひさしぶりに友達のワカバヤシさん、サトウさん(共に仮名)とご飯を食べに行った。

わたしはパクチーをたべたことがない。サトウさんもないそうだ。
で、パクチー経験者のワカバヤシさんにどんな味なのかたずねてみた。

ワカバヤシ「カメムシ。」
サトウ、しまだ「え、、カメムシ・・⁉」
ワカバヤシ「カメムシですよ。まあ、好きなひとは好きだけど。わたしはだめ。」
サトウ、しまだ「・・・。」
ワカバヤシ「いや、カメムシ食べたことないですけど。」
サトウ「、、え、なに、あの、青臭いの?」
しまだ「セロリとか春菊とか、ああいう感じじゃないんですか?」
ワカバヤシ「セロリはまだおとなしいですよ。」
サトウ「みつばとは違う感じ?」
ワカバヤシ「あー、ぜんぜん違う。」
サトウ「みつば結構癖あるけどね。」
しまだ「うんうん。」
サトウ「茶碗蒸しとかね。」
ワカバヤシ「あ、水菜と間違えた。」
しまだ「スーパーにありますかね?」
ワカバヤシ「んー、大きなスーパーにはあるかもね。」
しまだ「でもあったとして食べ方が・・・」
サトウ「だよねぇ。」
しまだ「生でもいけるんですか?」
ワカバヤシ「生春巻とか入ってたりするよ。」
しまだ「じゃ、(地元の某居酒屋)で食べた生春巻に入ってたりしますかね?気づいてないうちに実は食べてたとか、」
ワカバヤシ「ない。主張するから、パクチーは。」
サトウ「けどカメムシって・・・。」

こんなような会話がしばらく続いた衝撃の夜。
[PR]
# by sk_anne | 2017-01-12 00:25

さめる

あくびばかりでる。
思ってはしぼんでいったり、楽しい気持ちになったかと思うとさめてしまったり。
冷める、覚める。
書いては消す。そういうことと似ている。表に出すと、途端に違ってしまうように感じることがよくある。言葉も、文字も。
たぶん熱の中にいるときは不安を忘れている。それは長くは続かない。
冷めるから。覚めるのだ。
なんだろうな、終わりがくるまでずっとこうなのかな。その中で、なにかを生み出したりもするんだろうし、うまくいかなかったりもするんだろう。
とか、あくびをしながら思ったり。
0時まわった!おやすみなさい!



[PR]
# by sk_anne | 2017-01-10 00:20

マメの話

余裕のある日の余裕のある夜はコーヒーを豆から挽いて飲む。
去年電動コーヒーミルを買った。カリタのコンパクトなやつだ。手動だと面倒くさくなって使わなくなると思って電動にしたら、この数か月続いている。
あ、コーヒー挽いて飲もうかなと思うと、その時点からもう贅沢な気分になる。
わたしはコーヒーに詳しいわけでもコーヒーなしでは生きていけないわけでもない。全く、全然、ない。
そこそこ好きという程度だ。
豆の香りそのものは大好きだけど、それ以上に最も重要なのは「豆を挽いてコーヒーをいれて飲む」という心の余裕だ。
気持ちの問題だ。そこにおいしいコーヒーを飲む時間がついてくれば、もうファレルウィリアムスばりにハッピーだ。
最初、国分に行ったついでにヴォアラコーヒーで豆を買った。どれがいいのかわからなくて、オータムスカイという名前のにした。
酸味が強めでおいしかった。
オータムスカイがなくなって、国分まで行くのもなかなかで、スーパーで売ってる豆を買ったら、なんというかあまり・・・おいしくなかった。
オータムスカイと比べて酸味もない。インスタントと同じような印象だった。
インスタントもおいしいけれど、豆を挽いていれたコーヒーが同じような風味だと、なんだか気が抜ける。
先日、以前友達が話していた人吉のコーヒー屋さんのを買ってみた。古道具屋さんとコーヒー屋さんが一緒になっているお店だ。
種類がたくさんあったので、おすすめを聞いてそこのオリジナルのブレンドを豆で買った。
電動ミルでひいて飲んでみたら、うお。これ喫茶店のじゃん!という味だった。
ほどよい酸味。おいしいコーヒーだ。
その豆も少なくなってきたので、今度はまた違うのを見つけて飲んでみようと思う。
という感じで。
今年はマメに更新するつもりです。ブログを。



[PR]
# by sk_anne | 2017-01-08 20:26

エンスト

エンジンがかからない。

秋にばーちゃんが亡くなったけど喪中欠礼を出さなかった。年賀状をいただいたみなさまに寒中見舞いを書きました。
それから何も進まない。

エンジンがかからない。

昨夜「戦争の世紀を超えて」という姜尚中さんと森達也さんの対談本を読みはじめた。何年か前にブックオフでみつけて買ったまま、ずっと読んでなかった。
わたしは恥ずかしくなるほどいろんなことに無知だ。ほんとうに。
勉強も嫌いでやらなかったし、知らないことが多すぎる。
まず、言葉の意味がわからない。
注釈が載っているので、広辞苑とその注釈でなんとか読み進めている。
第1章の中でポーランドのイエドヴァブネの事件についての考察がなされていて、電気を消して暗い中で眠るのが一瞬不安になった。他人事ではなく思えた。
ナチスではない、のどかな村に暮らすふつうの人たちが隣人のユダヤ人たちを虐殺した事件。

朝起きたらいきなり頭痛で、ツイッターで気圧が下がると頭痛が起こるという薬局屋さんのツイートを目にして、もしかするとこれもそうなのかしらと思いながら頭痛薬を飲んだ。
天気がよくなってきた昼すぎ、新しいイヤホンを買いに行った。

また曇ってる。
もうだめだ今日は。そんな日もある。そんな日の方が多い。特に冬は。
[PR]
# by sk_anne | 2017-01-08 17:29

明けました

2017年になりました。わお。
2000年がきて、それからもう17年目。
すげー。はやい。

2016年は良い年でした。
劇団力というものを感じることができた年だったと思う。
わたしは形式上「代表」ではあるけれど、実際は向いてない。
「代表」は重たくて孤独で、正直、いやだ。
2016年は次第にその重さを分散していってもらえた年だった気がする。
これは大きくて。本当に感謝です。
これ、みんなが読んでるかどうかわかりませんけど、うまく言えないので、また今月最初の非常口のときに直接伝えます。
いい劇団だな、って思った。自分がその一員でいられることに幸せを感じた。

個人的には健康に過ごせた1年でした。毎年健康ですけど。
2017年はあまりいろいろ考え込まずに、自分を飾らずに、のんきに楽しく過ごしたい。
何事も、ぼちぼちで。あと、パクチーを食べてみたい。

今年最初の収穫はサチモスでした。
車のCM曲が気になってて調べた。Suchmos「STAY TUNE」
サチモス。ほかの曲も良さそう。



[PR]
# by sk_anne | 2017-01-05 21:50

しみじみ

劇団いさ発表公演「お月見トラベラー2016」、たくさんのお客様に見守られて終了いたしました!!
ありがとうございました!!

台本の何倍も面白い舞台になりました。
字面だけでは表現できないものってあるので。生身の役者でしか表現できない空気というか、そういうものがたちあがっていて、本当に嬉しかったです。
劇団いさ、第2期生の発表公演。
良い舞台だったなぁ、としみじみ思っています。

f0202137_21122152.jpg
f0202137_21141746.jpg
f0202137_21131564.jpg

f0202137_21125203.jpg
f0202137_21135093.jpg


[PR]
# by sk_anne | 2016-12-21 21:15
f0202137_19291005.jpg
f0202137_23310964.jpg

「お月見トラベラー2016」稽古も順調に進んでおります。
今回の演出は石神先生。
わたしは演出助手兼音響です。というか、主に音響です。
失敗は許されません。一生懸命やります。
こないだチャチャトゥールでは音響初めての緒方くんに容赦なくいろんな要求をしまし
て、見事にやってくれましたが、いやー、、、大変なことだったな、、と。。
胃薬飲むね、あれは。。ありがとうございました。
このブログ読んでないと思うけど。

音響がんばります。

稽古をみながら楽しい気持ちになってます。
自分の演出だと会話でやるところを先生は動きでも見せるという感じ。
劇団いさの雰囲気もあいまって、温かい作品になりました。
嬉しいです。

「お月見トラベラー」は初演が2002年でした。非常口の第二回公演です。
で、それから3年後の2005年に再演しました。「お月見トラベラー’05」というやつです。
そして今回、劇団いさの「お月見トラベラー2016」。

初演と再演では雨沢優という高校生が固定電話で母親と話していたのですが、今回はなんとスマー
トフォン。
「優、家に電話している」という台本のト書きは変わっていないのに。
スマートフォン。
そんな時代。

ぜひご来場くださいませ!!

☆詳細は伊佐市ホームページからどうぞ☆




[PR]
# by sk_anne | 2016-12-12 23:40

ひとつには

自分はなぜ台本を書くのか考えている。
ひとつには不安をとじこめたいんじゃないかなと思う。
[PR]
# by sk_anne | 2016-12-06 23:51

演劇集団非常口・しまだの寝癖に覆われた根暗な頭の中です。どうも。


by sk_anne