しまだのあたま

annediana5.exblog.jp

五場

本日は五場。
怒涛の五場。

日菜子の笑顔に泣きそうになった。表情をよく見るために近寄って見ていたせいもあるかもしれない。
(わたしは目が悪いのでね。)
ちょっとね、今日の最後の回あたりはきましたよ。
笑顔のあとに押し寄せてくるのは、響子の埋められない悲しみと孤独感だ。
ドアが閉まって、そこにはもう自分しかいない。また、ひとり、取り残される。また、ひとり。もう崩壊は始まっている。身体の奥が軋む。不穏な気配が色濃くなってゆく。流れを止めることは誰にもできない。

役者さんたちは辛いと思う。
もう少しです。もう少しで、印象がぐっと深まる。大丈夫だ。辛いけど、あと少し。絶対良くなる。
絶対に、大丈夫。

明日の稽古は休みにした。疲れをとって、月曜からラストスパート。
通し中心でやっていく。
[PR]
by sk_anne | 2013-04-06 23:55 | 四畳半の翅音