しまだのあたま

annediana5.exblog.jp

「鱗の宿」のことを少し

以前「乗組員」という作品を書いて劇団で上演しました。

f0202137_00563367.jpg

それと連続で上演したら面白そうな作品を書きたいなと思ったのが始まりでした。
乗組員は、帰ってこない妻を待つ男の話です。舞台は島です。港やフェリー乗り場があります。季節は冬です。
鱗の宿は、妻を置いてきた男の話です。舞台は島です。港やフェリー乗り場があります。季節は夏です。男には悪い癖があります。浮気とかそういうんじゃないですけど、困った癖です。周囲はもちろん、男自身も困ってるかもしれません。
「乗組員」で夫は妻に会えないままなんですが、「鱗の宿」は妻が夫の居所を探し当てて訪ねてきます。
消えた妻と、現れた妻。
いつか連続上演できたら面白いかもなぁ。いつになるかわからないけど、いつか。
の前に、まず「鱗の宿」初演です。
8/19と8/20
ご来場お待ちしております!
f0202137_20420867.jpg
f0202137_23520395.jpg




[PR]
by sk_anne | 2017-07-27 01:02