しまだのあたま

annediana5.exblog.jp

<   2017年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

中洲川端

なかなか変わることができない。
最近よく落ち込む。冬はよくない。本当に。
だいぶ強く図太くなった気はしているものの、気を抜くと内へ内へと向かってしまう。それで、大して強くもなれていないことを自覚し、また落ち込む。
いつまで。どこまで。
年中試練だ。なにが、ということではなく、すべてが試練のように感じられる。
まだやれる、まだ大丈夫、と毎日自分を鼓舞する。楽しみをみつけて、温かいことを想像する。そうすることで乗り越えられるもの、ことはたくさんあるんだけど、そのあたりのコントロールがうまくいかなくなるときがある。自分の機嫌をとるのに疲れる。気持ちを維持することでいっぱいいっぱいになる。
なんだか世の中が鮮やかではない。
もしかして、いま何も書いてないからだろうか。だから不安になるのだろうか。
でも、何を吐き出せばいいのかわからない。今。
困った。

明日は今より元気になるはずだ。明日がくるのは最低限の救いです。
日が変われば気分も変わる。
なによりも、今は夜。
沈むのは夜のせい。
寝ます!
[PR]
by sk_anne | 2017-11-29 23:24

天神

f0202137_1246629.jpg

思いを吐露する。ことがなかなかできない。どこかでごまかしたり。
ぼんやりと考えている。できることは、できるうちに。なにごとも永遠ではない。疲れているのかもしれない。
いろんなことが億劫で、なにもしたくない。でも、そうもいかない。
毎日は、人生は、いろいろ面白くて、いろいろしんどい。
とか思ってしまうのだ冬は。
今日はあまり寒くない。
冬よはやくおわれー。
[PR]
by sk_anne | 2017-11-28 12:46

赤坂

f0202137_22363976.jpg

チラシ束に入っていた。
毎月やってるらしい。いいなぁ。面白そう。

頭が痛む。
起きたら治ってるといい。
起きたら仕事へ行く。
おやすみなさい。
[PR]
by sk_anne | 2017-11-26 22:36

大濠公園

先日、東京で3つ観た。
ala Collectionシリーズ「坂の上の家」と、下鴨車窓「冬雷」と、庭劇団ペニノ「地獄谷温泉無明ノ宿」。

「坂の上の家」
自分は松田正隆さんの戯曲が好きだということを再確認した。観終えて一番に思ったのがそこだった。丁寧なお芝居だったが、演出が自分の好みには少し合わなかったようにも感じられた。個人的なものだ。そうじゃない方(グッときた!っていう方)もたくさんいらっしゃると思う。

「冬雷」
観ている間、冬の湖の薄い氷の上を歩いているような感覚だった。研ぎ澄まされている感じ。心地よい緊張。時折、可笑しさがこぼれたり。「渇いた蜃気楼」も好きだったが、「冬雷」もとても良くて。田辺剛さんの戯曲・演出が好きなんだと思う。

「地獄谷温泉無明ノ宿」
今回、国内最終公演ということでどうしても観たかった。戯曲は読んでいた。どこまでも精巧な印象。物があふれる中で展開していくお芝居は余白も多く、奇妙に心地よかった。舞台美術はもちろん、音や光などの効果もとにかく精密だった。








[PR]
by sk_anne | 2017-11-26 18:06

唐人町

f0202137_14284976.jpg

夢をみていて、目が覚めたら8時50分だった。
悪い夢ではなかったけれど、良い夢とも言えない夢だった。

中学生の頃、好きな男の子がいた。同じクラスだった。席が隣になったこともあったのだが、まともに話をした記憶がない。授業の何かで話したことはあったのかもしれないが(それも覚えてないんだけど)、緊張して話せなかった。
その男の子のことが好きな友達がいた。スポーツが得意な綺麗な子だった。
数年前、確か大晦日にスーパーで偶然会って少し話をした。帰省中ってことで、ちいさな男の子と一緒だった。息子くんだった。友達は相変わらずお洒落で綺麗で素敵だった。
わたしは仕事帰りで、ぶくぶくに着こんでいて、それだけじゃなくても彼女と比べると明らかに残念な感じだった。
大晦日の青果売り場で、自分に対してなんだかなぁ・・・って思ったのだ。

その2人が夢に出てきた。
わたしも含めて3人とも大人になっていた。でも、顔は中学生のときの顔で、そこがまぁ夢だ。
どういうわけかバスに乗っていて、わたしは彼とも普通に話をしていた。もう好きとかそういうのじゃなかったが、好きだったことを思い出してはいた。
別れ際、連絡先を聞けなかった。
友達は聞いていた。

そんな夢だった。
[PR]
by sk_anne | 2017-11-26 14:28

西新

f0202137_0104245.jpg

いろんなことを先延ばしにしてしまっている。
1日の終わりに(今日だったらまさに今。)今日できたこととできなかったことを振り返るのだけれど、できなかったことの方が多い。
気分があまり・・・、元気じゃない。朗らかではない。
冬のせいにするのは卑怯だと自分でも思う。冬のせいではなかったとしても、影響はある気がする。
寒い、暗い、冬。
急に寒くなった。
いろんなことが終わらない。いろんなことを忘れる。化粧水も朝で切れたのに、買うのを忘れた。
試供品を使った。

なんだろうなぁ。夜が明けない感じだ。
明日は元気が出るかな。とくになにもないけど、日付が変わるのは希望だ。うまくいかなかった日は特に。
でも今日なにかあったわけではないのだ。だから困る。とりたてて理由もないのに気持ちが塞がる。
なにも考えずにただ、休息したい。そうもいかない。

夜の闇はこれだからいけない。
明日になるのを寝て待つしかない。夜が明ければいくらかマシになる。明るい光、みたことのない明日。
と書いてて、白けた。
みたことのない明日をそれほど求めてはいない。
[PR]
by sk_anne | 2017-11-23 00:10

藤崎

f0202137_23414959.jpg

スマホケースのポケットからふせんがでてきた。
いつ書いたのかわからない。

○気を強く持つ
○自分と劇団の感覚を信じる。

そんなようなことが書いてあった。
そんなお話か相談をしていて、忘れないように書いた気がする。
良いふせんだ。
みえるところに貼っとこうと思う。
[PR]
by sk_anne | 2017-11-16 23:41

室見

今、です。あくびばかりでる。あくびが出ると涙も出る。
早く寝よう。
少し、落ち着いてきたような気もする。

ほんと、あくびが出る。

わたしは冬がきらいなんだが、終わっていく感じは好きだ。一年が終わっていく感じ。
大晦日が近づくとほっとする。
でもいつか、大晦日が近づくとさみしくなる時がきそうな気がする。


台風が過ぎた日。


f0202137_21183274.jpg




[PR]
by sk_anne | 2017-11-06 21:20

姪浜

f0202137_1934339.jpg

今日は休みだった。
どこにも行かないまま日が暮れた。
昨夜は早く寝て、今朝は遅く起きた。13時間くらい寝てた。昨夜寝る前に、起きて元気があったら外出しようと思っていたが、たぶん元気はないだろうなぁとも思っていて、起きたらやっぱりそうだった。
知らない家で「愛は勝つ」を聞きながら掃除機をかける夢をみた。そこには知らない老夫婦がいて、わたしは家政婦さんぽかった。
13時間のあいだ、もっと夢をみた気がするが、そこしか覚えていない。
[PR]
by sk_anne | 2017-11-05 19:34